>  > 縁起のいい初夢を見る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

初夢

,

暦・歳時記

,

正月

,

高橋桐矢

hatsuyume.jpg
夢見が悪いと、その1年がついてない気に……

 あけましておめでとうございます。今年はどんな初夢を見ることになるのでしょうか。今朝見た夢を覚えていないという人も大丈夫! 初夢とは1月1日の夜から2日の朝に見る夢のことなのです。

 縁起のいい初夢といえば、真っ先に思い浮かぶのが「一富士、二鷹、三ナスビ」ということわざでしょう。でも、富士と鷹はともかく、なぜナスビが吉夢なのでしょうか。実はこのことわざには続きがあります。そして、いい初夢を見るために室町時代から伝わる古いおまじないがあるのをご存じですか?

 そんな初夢にまつわるあれこれをご紹介します。

■1月1日の夜の夢がどうして初夢なの?

 昔は、1月1日の朝――つまり、12月31日の夜から1月1日の朝にかけて見た夢が初夢とされていたそうです。それがなぜ、2日の朝の夢になったのかという理由には諸説あるようですが、ひとつには、大晦日から元日にかけて初詣に行き、一晩中寝ないで起きているようになったからという説。書き初めなど、元日の行事が2日に行われるようになったからという説。ほかにも、1日に、いい初夢を見るためのお守り絵が売られるようになったため、という説もあります。どちらにしろ、大晦日を過ぎてからの1月1日の夜のほうが、ゆっくりといい夢を見られるのかもしれませんね。

■一富士、二鷹、三ナスビは、徳川家康の好きなもの?

 江戸時代の文献にも、このことわざが記されています。富士は古くから霊山として崇められてきたため、吉夢とされ、鷹は夢占いでは強さの象徴、ナスビは「成す」から、“名を成す”“ことを成す”に通じる縁起物とされたようです。この3つが選ばれた理由にもいろいろと説があり、徳川家康が好きなものを集めたという説もあります。家康が好んだナスは、駒込の名物だったそうです。

 4番目以降の項目も複数説あるのですが、「四扇」「五煙草」「六座頭」が、知られています。扇は末広がりの縁起物であり、煙草は煙が上に上がっていくので運が上がり、座頭は毛がないところから“ケガない”にかけて選ばれたとか。理由を知ると単なる語呂合わせのようにも思えます。しかし、語呂合わせなどの相関関係がおまじないや呪術の基本ですから、これでいいのでしょう。

■宝船の絵を枕の下に敷いて、ステキな初夢を見よう!

 七福神が乗った宝船の絵を、枕の下に敷いて寝ます。江戸時代には、宝船の絵が元日に売られ、いい初夢を見るために、皆が買い求めていたのだそうです。さらにこの絵には、「長き夜の、遠の眠りの、皆目覚め、波乗り船の、音のよきかな(なかきよの、とおのねふりの、みなめさめ、なみのりふねの、おとのよきかな)」という、前から読んでも後ろから読んでも同じ回文になった和歌が書いてあります。宝船と回文の、このおまじないの起源は古く、室町時代頃からあったとされてる、何百年も前から伝わる古いおまじないなのです。

 今年は、宝船の絵を描いて、回文を書き付けて、枕の下に入れて寝てみてはいかがでしょうか?

re-kiriya.jpg

■高橋桐矢(たかはしきりや)
占い師兼作家。猫をこよなく愛す。著書『ドール ルクシオン年代記』(青松書院)、『占い師入門』『はじめてのルーン&パワーストーン組み合わせ入門』(ともに雷鳥社)。監修占いサイト『キリヤとルーンの魔法文字』『ルノルマンカード』。「学研ムー」(学研パブリッシング)にて毎月の占い担当。
高橋桐矢ツイッター

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。