>  >  600人の信者が犠牲になった太陽寺院事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

太陽寺院事件

,

海外オカルト事件

taiyoziin.jpg
『カルト教団 太陽寺院事件』(みずす書房)

 アメリカのようなカルト集団自殺など起こらないといわれていたヨーロッパで、薔薇十字、テンプル騎士団という神秘主義の典型的シンボルで信者を取り込み、のちに集団自殺という形で多くの信者を大量死させたカルト集団「太陽寺院」。多くのインテリ信者を集め、骨の髄まで洗脳した教祖、ジョゼフ・ディ・マンブロとは一体、どんな人だったのか。教団の中心的存在だったリュック・ジュレはどのように信者をとりこにしていったのだろうか。

■集団自殺にみせかけた大量殺人事件

 1994年10月5日、スイス西部のフリブール州にあるシェリーという田舎町で、真夜中に火事が発生した。火災が起こった建物の中からは、ジュネーヴの大富豪アルベール・ジアコビノが頭からポリ袋をかぶった姿で亡くなっているのを発見。そして、地下にある祭壇や薔薇十字の秘書や剣などが置かれた秘密の部屋からは、円を描くように横たわる18人の男女の遺体、その隣の部屋にも3人の遺体が、もう一つの部屋からは死後数日たった女性の遺体が発見された。

 その数時間後、ヴァレ州サルヴァンという小さな村でも3つの建物から火の手が上がり、建物からは合計して25体の遺体を発見。同日、スイスから遠く離れたカナダ・ケベック州のリゾート地でも高級住宅から火災が起こり、中から赤ん坊を含む5人の遺体が見つかった。

 警察は当初、太陽寺院の教祖らも亡くなったことから、この事件を、カルト集団太陽寺院信者らによる集団自殺の可能性が高いと発表しものの、その後警察は、集団自殺者だけでなく、無理やり道連れにされた信者もいたとし、また、アルベールのように裏切った信者を殺した殺人事件でもあると発表した。教祖を失いこれで太陽寺院は消滅したと見られたが、この事件の1年後に再び16人の信者たちが円を描くように横たわり集団自殺を図っている。教祖ジョゼフ・ディ・マンブロと教団の顔だった男リュック・ジュレの影響は、想像以上に絶対的なものだったようだ。

■スイス人、フランス人、カナダ人と信者の国籍はさまざま

 ジョゼフ・ディ・マンブロは、24年8月19日に南フランスの田舎町に生まれた。貧しい家庭に育った彼は、早くから社会に出、時計職人・宝石職人になる修行を積んだ。その頃から、17~18世紀にヨーロッパで活動した魔術秘密結社、薔薇十字会員の教義を学ぶようになり、13年に渡り古代神秘薔薇十字団の信者となった。そして、小遣い稼ぎとして、時計や宝石を買いに来る客に対してうさんくさい占いをするようになった。

 占いをしたことにより、裕福なマダムたちから信頼を得るようになったジョゼフは、73年、フランスとスイスの国境があるアンヌマスという街でニューエイジ準備センターを設立。瞑想セミナーを行うとともに、集まった人たちに、「私はさまざまな宗教・政治リーダー、オシリス(古代エジプト・冥府の神)、モーセ(イスラエル民族指導者)の生まれ変わりだ」と伝えた。金銭に余裕があり、なおかつ神秘的なことに興味を持つ人たちは、たちまちジョゼフのとりこになり、彼をリーダーとして崇めるようになった。その中にはカウンセラーを職とする者もおり、自分の患者をジョゼフに紹介し、信者数をぐんぐん伸ばしていった。

 ジョゼフは、彼を崇めるものたちに対して、「信者のコミュニティーを作る、そのためにすべての財産を自分に預けるように」と指示。指示内容はどんどんエスカレートし、ジョゼフが決めたコスミック(宇宙)結婚でしか夫婦になれないと言い出すようになり、セックスするときは、月や太陽の位置から計算した角度で射精するように、とまで指導するようになった。また、利用できる信者は「お前は有名人の生まれ変わりだ」と言い、お気に入りの側近にした。若い年下の妻をめとったジョゼフは、彼女に産ませた娘エマニュエルを「宇宙の子」だとし、ニューエイジにおける9人の先導者のうちの一人だと言い、エマニュエルはピュアな状態を保つために、ヘルメットをかぶらされ、手袋をさせられたと伝えられている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?