>  >  > 900人とSEX、集団自殺・ジム・ジョーンズの末路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

jim.jpg
ジム・ジョーンズ(Wikipediaより)

 1978年11月18日。南米ガイアナのジャングル奥地に開拓された人民寺院の本拠地ジョーンズタウンで、900人余りの信者が一斉に集団自殺を遂げるという地獄絵のようなセンセーショナルな事件が起きた。自殺は、カリスマ性と狂気に満ちた教祖、ジム・ジョーンズが命じたものであり、生き残った元信者の証言により、少なくとも300人以上が他殺されていたことが判明。ジム・ジョーンズのエゴと性欲の渦に巻かれたカルト集団の実態と、辺り一面に老若男女のおびただしい数の死体が転がる報道映像は、アメリカのみならず世界中を戦慄させた。

 ジムは1931年5月13日、インディアナ州の貧しい家庭に生まれた。父親は無職のアル中で白人至上主義団体KKK信奉者、母は生活を支えるため複数の職を掛け持ちしていた。聖書を文字通り一字一句信じるキリスト教原理主義者が多い地区で育ったジムは、幼い頃からキリスト教と死に強い興味を示すようになった。子どもの頃は、猫をナイフで刺し殺し葬儀を執り行う遊びをよくしており、周囲を気味悪がらせたという。

 コミュニティーから浮いた存在だったジムは、ゴスペル教会に居場所を見出し、精神を高揚させる牧師の説教に心を震わせるようになる。そして16歳で「自分にはスピリチュアルな力がある」と目覚め、ミサの最中、道端に立ち上がり黒人差別をやめるよう説教を始めるようになった。一見して慈愛に満ちた青年へと成長したジムであったが、心の中では自分が人より超越した特別な人間であると信じ酔っていた。また、彼の言葉に反して教会のミサの途中で退席した友人に対して、激怒し銃で撃ったこともあったと伝えられている。

 ジムは優秀な成績で高校を卒業し、翌年バイト先の病院で出会った宣教師の娘で看護士のマルセリーヌと結婚。妻の勧めでマイノリティーを解放しようと教えるメソジスト教に感銘を受け、牧師になった。ゴスペル教会仕込みのローラーコースターのような説教スタイルで貧しい黒人たちから絶大なる支持を受けるようになったが、お布施は集まらず、ジムはサルを売り生計を立てていたという。ペンテコステ派の教会にも赴き、自分の信念を熱く説いたジムに共感する者は次第に増え、1956年、ジムは自分の教会「人民寺院」を立ち上げた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?