>  >  > 卑弥呼の墓発見!?  近親相姦・生き埋め100人の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

オカルト

,

卑弥呼

,

,

白神じゅりこ

himiko.jpg

 2月20日、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓との説がある巨大古墳、奈良県桜井市の箸墓古墳(はしはかこふん)で、宮内庁が初めて研究者の立ち入りを認め、現地調査が行われました。もし、この箸墓古墳が卑弥呼の墓であることが証明されれば、古代史最大のミステリーともいえる卑弥呼や、邪馬台国の正体が明らかになるかもしれません。

さて、謎が多い卑弥呼はどのような女性であったのでしょうか?

邪馬台国の女王 卑弥呼は生没年不詳、その正体も謎に包まれています。

 我が国最古の歴史書の『古事記』や『日本書紀』には、邪馬台国や卑弥呼の記述は見当たらないため、卑弥呼は架空の人物ではないか……? と、その存在を否定する説もあるのです。

 卑弥呼や邪馬台国の名前が初めて登場するのは、『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』という中国の歴史書。ですが、記述も曖昧で、『魏志倭人伝』の作者が日本の地理をどこまで把握していたのかもわからないため、邪馬台国の正確な位置はいまだに謎に包まれており、さまざまな論争を巻き起こす原因にもなっているのです。邪馬台国の所在地は、九州説、近畿説などがあり、いまだに決着がついていません。

■謎の女王 卑弥呼

『魏志倭人伝』には、3世紀頃に、日本(当時は倭国)の邪馬台国を治めたとされている女王・卑弥呼のことが書かれています。当時の日本はそれまで小国に分かれて各地で争いが起こり、とても乱れていたのでした。戦い疲れた各国の王は話し合いの末、卑弥呼を王に立てたのです。そして、卑弥呼は乱れた国を初めて統一したのでした。

 卑弥呼は巫女(シャーマン)であり、鬼道(呪術)を使って不思議な力で民衆を支配していました。鬼道とは今でいう占いのこと。つまり卑弥呼は占い師だったのです。当時の占い師は神の言葉の伝達者でしたから、人々から特別に畏怖の念を持たれていたことでしょう。

 神秘的な力を持つことから、絶世の美女というイメージが強い卑弥呼なのですが、彼女の顔を見た者が少なかったということから、その真偽のほどは定かではありません。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年7月28日 18:34 | 返信

卑弥呼の後は女性の王です。
いよ、とよと呼ばれてます。
ちゃんと勉強してこいよ。

1:匿名2015年2月 1日 13:29 | 返信

嘘八百やねん。
どこまで中国さまの言いなり説信じてるの?
そんなに強大な力を持ってて、1000人から召し使えられてて、
そんな尊い人が、なんで卑しい名前をもらって満足してたのか教えてほしいわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?