>  > マザー・テレサの、本当は怖い本性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
teresatem.jpg
騙し絵で有名なあのおばあさんに見えてきた

 去る3月2日、インドの日刊インターネット新聞「The Times of India」に、「Mother Teresa 'saint of the media', controversial study says」とのタイトルで、マザー・テレサのこれまでのイメージがメディアによって作られたものであるという研究結果が出たと、掲載された。

 マザー・テレサといえば、貧困や病気にあえぐ弱い人たちの救済活動に生涯を捧げた、カトリック教会の修道女。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者でもある彼女は、"無償の愛"の代名詞のように伝えられており、今なお、世界中の人々から崇め、慕われている。しかし、カナダの宗教学専門誌「Religieuses」最新号で大学の研究者が発表した論文によると、マザー・テレサの美談や名声は、カトリック教会の誇大宣伝のためにデッチあげられたものであり、聖人には程遠い人物だったというのだ。

■これまでのマザー・テレサ像

 1910年、オスマン帝国領のコソボ州で生まれたマザー・テレサは、敬虔なカトリック信者の両親に育てられ、12歳のときに「修道女としてインドで働きたい」と決心。18歳で、ロレト修道女会に入り、インドのカルカッタに派遣され、上流階級の子女の教育に携わっていたが、「すべてを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という神からの啓示を受け、カルカッタのスラム街に移住。宗教を問わず、貧しい人、病気の人など弱者のために働きたいとし、1950年に修道会「神の愛の宣教者会」を設立。ホスピスや児童養護施設を開設し、その無償の愛の活動は全世界に知られるようになり、世界中から援助が集まるようになった。1971年に、教皇・パウロ6世から勲章「ヨハネ23世教皇平和賞」を授章されたのを皮切りに、ノーベル平和賞など数多くの賞が贈られた。1997年に、87歳で亡くなった時には、インド政府が国葬を行い、死後5年目にはヨハネ・パウロ2世が「彼女は福者である」と宣言した。そして、なにかと問題の多いカトリック教会において、清く正しく、いつまでも輝き続ける聖人のような存在として、マザー・テレサは人々の記憶に残ることとなった。

■明らかになりつつある、マザー・テレサの素顔!

しかし、実像は異なるのではないか、と疑問を投げかける者が現れた。今回「Religieuses」に論文を寄稿したのは、モントリオール大学とオタワ大学の研究員たちである。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年7月11日 01:25 | 返信

誰も励まさない 誰も救わない 誰も温めない
こんなゴミのような記事を書いてでも 生活の糧を得なければならない 
僕も同じだ。
マザーテレサは許してくれるよ 孤独に泣いて 愛に絶望していた 記者さんのためにも
 自分の仕事をしてたんだから この記者さんが 幸福になることを祈ります。

3:匿名2015年11月 6日 02:24 | 返信

なんかアグネスに通ずるものがあるな。
まぁ、カソリックそのものが胡散臭い訳だがな。
かつて戦国時代に日本に布教しに来たときも
本来の目的は侵略と奴隷の確保だったわけだし。
それに気付いた秀吉はキリスト教を禁止に踏み切ったんだよな。

2:匿名2015年7月20日 15:32 | 返信

この記事だけじゃな〜
なんか都合のいい部分だけを出してきてる書き方だし
マザー云々の前にこの記事自体の信憑性がない

1:匿名2015年5月 6日 23:28 | 返信

サイババ然り、神様に頼るってのは難しいことなんだなぁ。

第二第三のマザーテレサは情報化社会の発達により作られなくなるかもな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。