>  > 誰も知らない本当の桃太郎伝説
【宇田川敬介の深堀り民俗学】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

宇田川敬介

,

桃太郎

,

深堀り民俗学

momotarou.jpg
『ももたろう日本傑作絵本シリーズ』(福音館書店)


 初めまして、宇田川敬介です。

 世の中にはたくさんの伝説や言い伝えがあります。しかし、それがどうして「人々の間で伝わったのか」……。
そのことに着目していきたいと思います。

 さて、今回取り上げるのは「桃太郎の伝説」です。みなさんは、桃太郎の話が“怪奇現象”の宝庫であることをご存じでしょうか。

■なぜ桃太郎は「桃から生まれた」のか?

【謎1】赤ん坊の入った桃が川から流れてくるというのは、通常ありえない

【謎2】おばあさんが、自分で洗濯した汚い水を流した川から流れてきた桃を拾って食べてしまうのもありえない

 桃太郎の話の起源はインドのラーマーヤナであるといわれていますが、あのガンジス川を流れてきた桃を食べるなど、たぶん現在のインドの人でもできないのではないでしょうか。

 原作の御伽草子のほうがその辺はよくできていて、「おばあさんが普通の桃を食べ、子どもを妊娠。翌日、スピード出産する」という話になっています。

【答え】夫以外の人との間に子どもができたことのメッセージが隠されている!!

さて、なぜ「桃」なのでしょうか。桃はピンクで割れ目があります。まさに「陰」の象徴であり女性器をイメージするものですね。「桃尻」などといってオッサンを想像する人はいないでしょう。しかし、それでもなぜ桃太郎が桃に入っていたかの答えにはなっていない。つまり、女性が女性器の象徴を食べて妊娠するのは、雄蕊と雌蕊の交配がないのに子どもができてしまうということを意味しているのではないでしょうか。

 そうであるとすれば、桃太郎は同性愛小説になってしまう可能性もあります。

これを紐解けば、「夫以外の人との間に子どもができてしまった」ということを意味するのです。

 つまり、桃太郎は、「マレビト」といわれる共同体外部の人との間にできた子どもであり、出自にハンディキャップを持った子どもの出自をぼかし、「神との間にできた子ども」と言うようなニュアンスで作っているのです。

 後に「桃を食べて」が「桃が流れてきて」に変えたのは、おばあさんが妊娠して出産したという事実を隠し、「子どもを拾った」という説に変えたものなのです。ちなみに、「神との間にできた子ども」というのは、日本では聖徳太子、海外ではイエス・キリストが有名ですが、桃太郎はそこに肩を並べるということになります。

さて、この桃太郎、出自のハンディキャップを圧して元気に育ちます。そして自ら鬼退治に出てゆくと言うのです。

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年1月13日 19:06 | 返信

余りにもひどい内容に唖然。
日本古来の基礎知識も持ち合わせないような方が「自称ジャーナリスト」と豪語して記事をあげる
このサイト自体も全ての質が問われるというもの。
記事を書く者の最低限の責任として、事前に情報収集するなどもう少しお勉強をされてから書かれる方が宜しいかと。非常識な妄想も甚だしい。
新年早々、余りにもひどい内容に辟易した。

4:匿名2016年1月13日 19:05 | 返信

余りにもひどい内容に唖然。
日本古来の基礎知識も持ち合わせないような方が「自称ジャーナリスト」と豪語して記事をあげる
このサイト自体も全ての質が問われるというもの。
記事を書く者の最低限の責任として、事前に情報収集するなどもう少しお勉強をされてから書かれる方が宜しいかと。非常識な妄想も甚だしい。
新年早々、余りにもひどい内容に辟易した。

3:匿名2016年1月12日 09:54 | 返信

典拠に折口信夫あたりを齧ったものであることは明白だが、こんなものは「話型」をwikiで拾えば
猿でも書ける。断定的で独善的な文体に質の高い記者の不在を思う。

2:[]2016年1月10日 23:54 | 返信

民俗学のとであるにもかかわらずこの著者は、もともと「桃」が若返り・不老不死の秘薬であるという考え方(徐福伝説)をご存じないのか?
元々の桃太郎の話は、「桃を食べたおじいさんとおばあさんが若さを取り戻し子をなした」と言うものだったはず。

1:匿名2016年1月10日 10:15 | 返信

くだらなすぎる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。