>  > “禁忌な場所”京都「嵐山」の呪い
宇田川敬介の深堀り民俗学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

京都

,

呪い

,

宇田川敬介

,

嵐山

,

深堀り民俗学

RE-arashiyama.jpg
画像は、Wikipediaより

 京都の観光地といえば、神社仏閣に京都御所、そして近代的な京都タワーなどもあるが、今回はその中のひとつ、「嵐山」にまつわる歴史について考察していこうと思う。

 今でこそ観光地として有名な嵐山だが、京都に古くから住んでいる住民には、「嵐山に近づきたがらない人々が多い」という謎がある。それは一体なぜなのか?

■奈良「平城京」から、京都「平安京」へ遷都に至るまでの呪われた歴史とは?

もともと、京都という土地は、奈良の都・平城京からすぐに移転した都ではなく、間に10年間「長岡京」という都に遷都していた時期があるということをご存じだろうか。

 しかし、長岡京では、その造営を命じられた藤原種継が、反目勢力の大伴継人(おおともの つぐひと)の仕業によって、造営開始の翌年の785年に暗殺されてしまうのである。

 そして、桓武天皇はこれらの事件に関与したとして、大伴継人や、そのほか暗殺に加担した数十名を処刑しただけでなく、早良親王も捕らえた。

 捕らえられた早良親王は、ひとことの弁明もできないまま、乙訓寺に幽閉された。乙訓寺に幽閉された早良親王は、一切の飲食を拒み、無実を訴え、淡路島へ配流される途中に餓死したという。親王の屍は、そのまま淡路に送られ、葬られている。

この事件以降、この処分を命じた桓武天皇の周辺では“早良親王の怨念”といわれる事件が相次ぐのである。

■次々に人が死に、長岡京が壊滅状態に追い込んだ“早良親王の怨念”とは?

 怨念のはじまりは、この事件の翌年、桓武天皇の妻の母が亡くなったことに始まる。そして、その翌年には、妻本人が亡くなってしまう。また、天皇の母も病死、皇后も原因不明の突然死をしてしまうのだ。さらに、藤原種継の後を受けて都の造営を行っていた者たちが雷に打たれて死んでしまうという事件が発生し、最後には伊勢神宮が何者かに放火されてしまうのである。そして、最後には、長岡京に大洪水が押し寄せ、その後の衛生面の悪化ではあるが、当時は怨霊ということで疫病が流行したのである。

これらの事件を陰陽師は「親王の怨霊」とし、桓武天皇は暗殺の罪を許して墓守を置くなどの処置をした。しかし、それでも怨霊をおさまらず、桓武天皇は現在の京都である平安京に改めて遷都することになったのである。

関連キーワード

コメント

8:匿名2016年4月16日 14:27 | 返信

桜の木ノ下云々は小説からだし.....
との指摘をしている人が居るが、安吾の小説を人々がさもありなんと感じさせ美しくも怖いお話として成立させているのはその様な世界観が中世から戦後に保持されていたからです。激しく命が一時に散乱する姿に、古代、中世の人々が感じるものがあったのは、なにか自然なことと感じる。

7:匿名2016年4月15日 12:47 | 返信

単に、市内中心部から離れているのと観光地だから、地元民にはわざわざ行く用がないだけ。

6:匿名2016年1月13日 01:37 | 返信

いろいろ位置関係が間違ってるが、上の人もいってるが「鴨川は琵琶湖が水源・・」のところは論外です。
こんな無知が京都を語るとは・・、たまげたなぁ。

5:匿名2016年1月12日 20:04 | 返信

嵐山?
フツーに行ってるけど??

4:匿名2015年9月27日 20:54 | 返信

嵐山、嵯峨野は昔から貴族の別荘地ですよ
北にある貴船鞍馬の方が鬼が住んでいるという伝承があり恐れられています

3:匿名2015年9月23日 21:34 | 返信

桜の木の下云々は小説からですし…

2:匿名2015年9月20日 00:25 | 返信

匂当内侍は、義貞の妻ではありません。愛人ですよ。
それに、内容が歴史を羅列しただけの最悪なもの。
この程度なら、修学旅行のしおりの方がマシだよ。

1:帷子ノ辻2015年7月 5日 01:53 | 返信

京都の川でも南の木津川は琵琶湖よりの水だが
市中を流れる鴨川(高野川含む)は嵐山の桂川と同じく
山中が水源で琵琶湖は関係無い筈、
それらの川が氾濫し運ばれた砂で出来た扇状地が京都。
尤も嵐山~桂方面は湿地帯で居住には向かなかったようですが。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。