>  > 日本人が暴露「CIAの莫大な給与と謎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

CIA

,

なるには

,

小手平走歌

,

条件

RE-CiaJAPAN.jpg

 最近、米国の諜報活動を暴露した元CIA職員スノーデン氏の亡命で何かとニュースに上がってきているCIAという機関。CIAと聞くと、すぐに映画のスパイを想像するが、実際にどんな機関なのかという疑問は誰でも抱くことだろう。

■CIAの仕事とは?

 CIAとは、アメリカ合衆国中央情報局の略であり、対外諜報活動を行うアメリカ合衆国の情報機関のこと。基本的にアメリカの特になるような情報を収集する。具体的には、外交や国防、経済に関するあらゆる情報を集めて情報を操作する機関である。

■CIAになるには?

 CIAの職員になるには、公表されている一般的な条件が存在する。

[条件]
 運転免許証を持ち、視力、聴力、健康状態が良好で、世界中にあるCIA海外支局での勤務が可能な23~35歳までの米国市民と規定されている。ほかにも、一定上のIQが必要なため、ハーバード、コロンビア、プリンストンなどの名門大学でスカウトが行われているそうだ。

[試験]
 もちろん米国市民の採用には、筆記試験や小論文試験も行われる。その後、軍隊と同じように新入りのための訓練キャンプを経て、正式な諜報員となる。

 CIA職員は主な職務が情報収集なので武器の使い方は重要視されないが、もちろん状況によっては危険に晒される。そのため行動は常に監視され、一挙一動すべてが職務下に置かれるのだ。

関連キーワード

CIA

コメント

1:匿名2017年4月27日 00:23 | 返信

スカウトされたのが本当だとしても、全く信用できない情報だな。
CIA職員になったわけじゃない人物の証言のどこに信憑性が?

企業に入ったら面接などで言ってた事と全く違っててブラックだったってのと同じで、
内部には言った事ない人間の情報など、近所のお喋りおばちゃんの噂話と一緒。w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。