>  > 史実!ゼロ戦の不思議で泣ける伝説
宇田川敬介の深堀り民俗学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ゼロ戦

,

ラバウル

,

宇田川敬介

,

風立ちぬ

RE-ZEROSEN.jpg

 スタジオジブリ作品で話題の『風立ちぬ』。今回は宮崎駿監督作品ではほぼ初めてといわれる、実在の人物の話を描いた作品である。

 さて、この作品の主人公・堀越二郎氏はゼロ戦、正式名称で「零式艦上戦闘機」の設計者として有名である。そこで今回は、海軍航空隊の生き残りであるA氏が実際にアメリカ兵に聞いた話や、体験談を元に、ゼロ戦にまつわる伝説に関して少し紹介したい。

■ゼロ戦の名前の由来とは?

 まず、ゼロ戦の名前の付け方である。なぜ「ゼロ戦」というのであろうか? これは、当時の日本が神武天皇の治世から数えて2600年、要するに皇紀2600年に当たる年である1940年に正式に採用されたということである。

 ちなみに、日本の兵器は、現在も西暦の下二けたの数字をその機種につけて表記をすることが慣例になっている。

 さて、このゼロ戦は、ねじ1本にまでこだわり、ねじそのものの軽量化や、ねじの頭を打って平面にすることによって、気流を安定させるなど、徹底した軽量化とエンジンの工夫によって、大戦当初、無類の強さを誇った。この細かな技術は当時の外国人には理解できるものではなく、アメリカ軍からは「ゼロ・ファイター」として恐れられた。

 しかし、それも序盤である。アメリカが新型戦闘機を導入してからは、ゼロ戦の劣勢が続いた。日本もゼロ戦の当初の成績が良すぎたために、新型戦闘機への改良がなかなか前に進まず、マイナーチェンジだけを行ってきたこと、また多くの熟練パイロットの戦死によって新人戦闘機乗りが多くなったことなどから、戦闘での喪失が続くようになってきたのである。

■アメリカ軍をおののかせた幻の「ホワイト・ゼロ・ファイター」とは?

 しかし、ゼロ戦を凌駕する戦闘機の開発に成功したアメリカ軍の中で、1つの大きなウワサが立った。「ホワイト・ゼロ・ファイター」である。

 戦争も終盤、日本の劣勢が明らかになった後の話である。アメリカ軍の艦隊が太平洋中ほどのウエーク島近郊海域を航行中、アメリカ空母のレーダーに多数の機影が映った。「日本軍に違いない」と考えたアメリカ軍は、すぐに護衛空母から戦闘機を発艦。また、偵察機に爆弾を積んで複数出したのである。これは、洋上であることから近くに日本の空母艦隊があると想定したことによるものだ。

 しかし、いくら探しても日本の艦隊は見えない。また、機影が映った辺りに日本の戦闘機もまったく見当たらなかった。

 空母司令部は、発艦させた航空機に戻るように命じた時、偵察機から一報が入るのである。「敵ゼロファイター多数発見、襲ってきます。ワァー……」

 ……偵察機は、その後交信ができなくなった。

 アメリカ軍の戦闘機はすぐに現場に急行。日本の空母艦隊がいるものとして爆撃機や雷撃機も多数発艦させた。しかしその戦況は思わしくない。味方の航空機が次々と落とされてゆくのである。

 やっとの思いで帰還したパイロットに聞くと「敵のゼロ戦は、いつもと違い、真っ白で日の丸も白かった。動きもおかしく、今まで何も見えなかったところから突然現れ、気がつくと仲間の戦闘機が数機墜とされる。さらに、ゼロ戦は、いくら撃っても弾が当たらない。いや、当たっているけれどまったくきかないんだ。俺のすぐ横を通ったが、窓ガラスは割れていたし、ウイングにも多数の銃痕が残っていた。普通なら、あんなやつは飛んでいられない。でもゼロ戦に乗っていたあいつ、中でにっこり笑っているんだ。そんな白いゼロ戦が何機も襲ってきた。そいつを撃とうとして、味方を撃ってしまう奴も出てくる。あいつはやばい」

 ……結局、爆撃機なども多くが帰還せず、日本軍の損害はゼロ。そして空母も見つけることはできなかったというのである

 しかし、これらの証言は、当時のレーダーの性能の低さなどが理由となり、一切採用されることなく、空母機の損失は訓練中の事故として片付けられたという。けれども、アメリカ軍の中では「ホワイト・ゼロ・ファイターには手を出さず、十字を切って帰還する」ということが暗黙の了解とされていたのだ。

■ラバウル航空基地を救った、“英霊”の乗ったゼロ戦とは?

 ゼロ戦で有名なのは、何も空母艦載機ばかりではない。現在の南太平洋にあるラバウルには日本軍の大規模な航空基地があり、「大空のサムライ」坂井三郎氏など、多数のエースが存在した。アメリカ軍からも「ラバウル航空隊」として恐れられたのである。ちなみに、「ラバウル航空隊」という組織は存在しない。ラバウルには海軍基地と陸軍基地が存在し、その総合名称として「ラバウル航空隊」と呼ばれていた。軍歌「ラバウル小唄」で、より一層有名になるのである。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年8月16日 01:33 | 返信

うん、確かに泣ける。
この記事読んで時間を無駄にしたことに。
くだらなすぎるわ!
だったらどんな戦争でもそのエイレイとやらを召喚してりゃ、どっちも負けねーわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。