>  > 松原照子「日本最大の危機2016」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

2016

,

予言

,

地震予知

,

松原照子

,

百瀬直也

matsubara.jpg
『幸福への世見』(主婦と生活社)

 今回は、3.11を的中して有名になった松原照子氏が25年以上前に予言していた、あまり知られていない巨大災害などについて紹介したい。

先日の「恐怖の男・安倍氏」の記事は、ネット上でかなり話題になったようで、いくつかの人気ブログでも取り上げていただき、また記事のソースである松原照子著『宇宙からの大予言-迫り来る今世紀最大の恐怖にそなえよ』(現代書林)は、この記事の影響でAmazonの古書がすべて売り切れたようだ。

 本書に書かれている多くの予言のうち、特に日本以外の国々の情勢などについての予言で、的中しているものが多いようだ。そのうちのいくつかを紹介する。

■ギリシャ:「借入が大きく膨れ、第二のメキシコになるのも遠くありません」
→1982年に債務危機を迎えたメキシコに匹敵するような事態がギリシャでも起きるだろうという予言だ。そして実際に、2010年にギリシャの財政状況の悪化が表面化し、経済危機が報じられたのは記憶に新しい。20年以上先の未来を的確に世見していたことになる。

■アルゼンチン:「近々、この国は不渡りを出します」
→1989年に、500%のハイパーインフレと累積債務により、財政破綻が生じた。

■パラグアイ:「大きく旗上げしないと、過激派的な動きが出てきます。1986年の秋口から、地下組織のようなものが動き始めます」
→1989年、独裁者として君臨していたストロエスネル大統領の腹心ロドリゲス将軍が、突如として軍事クーデターを起こし、独裁政権が崩壊した。

■ペルー:「戦争に巻き込まれていきます」
→1995年、エクアドルとの間でセネパ紛争が起き、ペルーは敗北した。

■1993~1994年:「皆こわいんじゃないかな。食べものもなくなるし」
→1993年は日本で記録的な冷夏による不作で、米騒動も起き、タイ米が大量に輸入されたりした。この影響は1994年前半まで続いたので、ピッタリ当てはまるだろう。

 こうして見ていくと、1987年の本書刊行後の数年後に予言が現実のものとなったケースが少なくないようだ。松原氏は、国際問題に特に強いと言えるかもしれない。

【これから起こる可能性のある予言】

 次に、まだ現実になっていないと思われる予言を紹介していくことにする。これらの「世見」は、25年以上も経過していて対応する出来事が起きていないのだから、「ハズレた」とすべきか、または時期はずれるが今後起きる可能性があると捉えるのか、判断が難しいものもある。

 「◯年以内に」などと期日をしている予言については、明確にハズレとするのが妥当だろうが、時期が予測よりも延びて起きるものも、中にはあるのかもしれない。

■2009年~2011年:「大阪、堺あたりを中心に、大地震が起きます」

すでに期間が過ぎてしまっているが、堺市には上町(うえまち)断層帯という活断層が通っていて、9年前の評価では、「30年以内にM7.5の地震が発生する確率が2%~3%」とされていた。これは国内の主要な活断層の中では、比較的高い確率のグループに属するものだ。もっとも、堺市といえば1995年に発生した阪神淡路大震災の震源から40Kmほど東にある。少し、時期と震源はズレているが、実は神戸地震のことだったとする解釈もありだろうか。

関連キーワード

2016

コメント

1:匿名2016年9月15日 16:17 | 返信

予言者とか、それを信じている人達、
それを広めている媒体とかは
日本が滅んでほしいと思っているの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。