>  >  > 中国「眼球くり抜き事件」の闇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:アナザー茂, 売買, 臓器ビジネス
「男児・眼球くりぬき事件」からみる、中国臓器ビジネス・成人向け母乳サービスの現状

 先月24日、6歳男児の両目がくりぬかれるという猟奇的な事件が、中国の国営通信によって伝えられた。  男児は24日夕方、近所で遊んでいたのを最後に、夜10時過ぎ、血まみれの状態で近所の野原に倒れているところを発見された。当初、近くに男児の眼球が落ちていたことから、角膜の違法臓器売買目的で狙われた犯行ではないかという憶測も飛び交ったが、翌日、角膜がついた状態での発見だったとの警察発表によって、それ...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?