>  > 【動画アリ】空中を歩く石!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

浮かぶ

,

百瀬直也

,

,

空中

画像は、You Tubeより。ブラウザいっぱいで見たい人はコチラ

 筆者は、Facebookでスピリチュアル界の裏情報をやりとりする「裏スピ」という非公開グループを主宰している。9月上旬のある日、そのグループのメンバーからシェアされてきた動画が目を引いた。

 長崎県の普通の主婦が自宅前で撮影した動画だが、そこには、なんと石が空中を飛んでいるではないか。

 その主婦(以降Tさんとする)は、9月6日の朝、いつものように子供を幼稚園に送るために、自宅前で幼稚園バスを待つ準備をしていた。

 自分よりも先に家を飛び出した息子が、「ママー!! 石さんが浮いてる!!」と叫んだ。外に出てみると、たしかにこぶし大はあると思われる石が宙を舞っていた。それをスマホで撮影した。

 Tさんによると、真上には何もなく、ただ青空が広がっていたという。自分は決して、動画を小細工したりスマホアプリなどで加工したりはしていないと書き、誰でもいいから、この現象の正体を教えてほしいとFBの友だちに訴えかけている。この動画はFB上で話題となり、この原稿を書いている時点で1万7千回以上もシェアされている。

 筆者は、超常現象の研究を数十年間続けてきたが、このような現象はあまり例がなかった。Tさんにメッセージを送り、この動画について質問してみたが、いまだに回答が得られない。Tさんはその後、なぜかFB上で沈黙を守ったままだ。

 この現象を説明できる可能性として、以下のものを挙げてみた。

関連キーワード

コメント

6:匿名2016年2月28日 17:55 | 返信

石の影が地面に映ってるので合成ではない

5:匿名2015年8月 2日 22:42 | 返信

くもの糸。
テレビで放送してましたよ。

4:匿名2015年7月29日 19:53 | 返信

 さらに追加で。
スマホで撮影をしたということだが、
スマホのレンズは、焦点距離の関係で、被写体にかなり接近しなければ、
ほぼ全画面にピントが合ってしまう。
 地面に近いローアングルで撮影しているので、
近接地の、数十センチの距離にある地面の小石はボケているが、
中間地点以遠には、ほぼピントが合っている。
 このことから、動いている石にも、当然ピントが会い続けているはず。
だがこの画面では、動いている石のピントが、かなり怪しい。
背景には日光が射していることから、シャッター速度が遅いとも考えにくい。
そうなると、被写体ブレによる不鮮明化も、考えにくい。

 これらのことからも、動く石だけを別に撮影したので、
スマホの苦手な被写体ということで、ピントが合いにくくなったと想像できる。

 このような超常現象に興味がある人には申し訳ないが、
カメラの特性上、ある平面上でピントが合う場所ができた場合には、
動体がそのエリアに入れば、動体自体にもピントが合ってしまう。
動きによる『ブレ』は生じても、『ボケ』の状態にはならない。

 ちょっと真面目に楽しんで見てしまったので、
超常現象ではない点を、書き連ねてみた。

3:匿名2015年7月29日 19:37 | 返信

 もう一点追加で、不自然な箇所を指摘しておきたい。
動いている石の陰影が不自然である。
近づいてきた場合の影の部分が、地面にある石の影とは違ったライティングになるときがある。
これは、限られたスペースで動かした石を撮影しているために、
照明(採光)の制限から、光の照射角度を均一(一定)にできなかったためと思われる。

 もっと拡大して石の表面を確認できれば、粒状性の違いなどから、
動いている石のサイズも判断できる。
そのサイズによって、実際に石が動いた距離も判断できる。

 このようなことがわかれば、動く石だけを後で画面合成することで
この映像が作り出されたことが、より明確にできる。

2:匿名2015年7月29日 19:24 | 返信

 すでに『合成』という意見が書かれていた。
私も全くの同意見。石が常にある一点を中心にして回転していること、
地面に転がっている石との距離感と、至近距離に動いてきたときの石のサイズ、
遠近感に違和感がある。
 また、天候の具合がわかりにくいが、地面に接近しても、ほとんど影がない。
影は一瞬だけ淡く見えるときがあるが、その前後に、
ぼかしたような周囲の不明瞭さが生じている。

 また、どのような主婦のかたかわからないが、
突然の事態に対して、撮影アングルをこのように低くして、
浮き上がる石の動きを冷静に撮影できるものだろうか。

 現象の出現を予測して、予めその位置(アングルや距離)を把握していなければ、
こぶし大の石を、これほどアップで撮影することはできない。

 以上のことから、この動画は計算されて作り出されたものであり、
『レイヤー合成』のような技術が利用されているようだと断言したい。

1:匿名2015年6月 9日 19:49 | 返信

間違いなく合成
糸かは別として何か吊っている
なぜなら石の中央を中心にして動いてる
つまり石の中心あたりに糸とかなにかを使っているかは分からないが吊った状態の動きだ

残念ながら(1)から(3)を駆使して動画を作ってる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。