>  >  > 最新人造人間が誕生―スミソニアン博物館
スミソニアン博物館、

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:サイボーグ, スミソニアン博物館
人造人間成功も漂うコレジャナイ感 僕らのユリア100式誕生はいつ?

 「フランケンシュタイン」「ヒューマンフォームロボット」「バイオノイド」「アンドロイド」「サイボーグ」……。さまざまな呼称でSFの世界で題材にされている人造人間。  使い古されたネタと言われつつも、日本でもいまだ需要があり、マンガ、アニメなどのコンテンツでは度々登場。ある時には主人公の危機を救い、またある時には恋に落ちるなど人間顔負けの活躍を見せることもしばしばある。

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...