• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 犯罪大国アメリカは、虐待大国でもあり、幼い子供が被害者になる痛ましい事件が後をたたない。

 全米児童虐待ホットラインによると、毎年、300万件以上の児童虐待が通報されており、600万人以上の子供たちが虐待の被害にあっていると報告されている。虐待により命を落とす子どもは、毎日、4人以上。

 4歳以下の子供の死因の80%は虐待によるものだとも発表されている。

 日本では母親の交際相手により虐待死させられる子供のニュースをよく耳にするが、アメリカやヨーロッパでも同様のケースはある。母親のエゴから子供を殺害する事件も珍しいことはなく、メディアが大々的に報じることも。

 今回は、お腹を痛めて産んだ我が子を殺害した鬼のような母親の中から、世間を震撼させた「身勝手な鬼母 ベスト5」を紹介する。


第5位:ヴェロニカ・エレーナ 虐待死させた2歳の娘の遺体を他の子どもたちに命じ、焼却

KIBO.jpg
画像は、「huffingtonpost」より

 2012年8月18日、アイダホ州ナンパ警察署に、29歳のヴェロニカ・エレーナが出頭。

「とんでもないことをしてしまった」「頭をうって死んだ娘を見て、パニックになり遺体を焼いてしまった」と自白した。

 ヴェロニカは、「3日前に、トイレトレーニング中だった2歳になる娘ナキータがトイレから降りる際、誤って落ち、ヒーターで頭を強打した。しばらく横にさせていたが、息をしていないことに気がつき、パニックになった。その夜は車のトランクに毛布にくるんだ遺体を隠し、翌日ホームセンターでライターオイルを購入。庭のごみ焼却樽の中に遺体を置き、ライターオイルをかけ火をつけた。しかし、なかなか上手く焼けず、子供たちにゴミをたくさん入れて火の勢いを強めるよう指示。それでも焼き具合は悪く、さらにライターオイルを買ってかけたもののダメで、怖くなり出頭した」と説明。

「遺体を焼却しようとしたのは、ナキータが家で死んだことがわかったら、ほかの5人の子どもたちと離されると思ったから」だと主張した。

 しかし、生前のナキータを診察したことがある小児科医が、「ナキータには、日常的に虐待を受けているあざや傷、火傷のあとがたくさんあった。おまけに栄養失調だった」と証言。

 検察官は、「虐待により死なせてしまったため、遺体を自分で処理して、隠そうとしたものの、うまくいかず、怖くなった。出頭したのは、事故死だったと主張すれば罪が軽くなると計算したから。我が子を殺した挙句に焼くだなんて、とんでもない母親だ」と主張した。

 今年9月10日、ヴェロニカは過失致死 、証拠隠滅罪などで禁錮30年の実刑判決を受けた。ナキータを虐待死させたことに関しては、決め手となる証拠がないため罪には問えなかったが、世間は「ヴェロニカはクロ」だと確信。

第4位:28歳の女性 「これ以上生んだら夫に捨てられる」6年の間に産んだ5人の赤ん坊を出産直後に殺害

KIBO2.jpg
画像は、「ndtv」より

 2012年9月27日、ドイツ当局が、出産した直後のわが子を殺害したとして28歳の女性(名前は非公開)を逮捕したと発表した。警察は、小さな港町フームズ近くの処理施設で2006年に発見された新生児の他殺死体と、2007年に駐車場で発見された新生児の他殺死体の捜査を行っており、DNA検査の結果、発見された2人は同じ両親を持つことが判明。

 フームズ在住の夫婦からDNAを提供してもらうという捜査を始めたことをニュースで知った女性は、自白を決意。警察が自宅捜査した結果、地下室から新たに3人の新生児の遺体が発見されたため、女性は合計して5人の新生児を殺害した罪で逮捕された。

 女性には8歳と10歳の子供がおり、比較的裕福な家庭を築いていたが、夫が生活レベルを下げるのを嫌がっていたため、「子どもが増えたら離婚されてしまう。私は捨てられてしまう」と心配。妊娠したことを夫や周囲に一切明かさず、自宅で2人、森で3人の赤ん坊を一人きりで出産し、それぞれ出産直後に殺した。

 警察の調べに対し、夫は「妻が妊娠していただなんて信じられない。5回も1人で出産しただなんて、気がつきもしなかった。何も知らなかった」と呆然としていたという。

 ドイツには親が育てられない赤ん坊を教会のチャリティー団体が引き取り、子どもをほしがっている夫婦に斡旋するというシステムがあるが、女性は「そのシステムを利用するには、どうすればよいのか知らなかった。面倒だった」としれっと回答。

 2013年3月、裁判官は女性に対して禁錮9年の実験判決を下したが、あまりにも短すぎると欧米諸国から強い批難を受けた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。