>  >  > タイの呪物マーケット「タープラチャン市場」がカオス
【吉田悠軌の不思議ルポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

タイ

,

タープラチャン

,

吉田悠軌

,

呪術

thai.jpg


 このところ発展めざましいタイ。首都バンコクも、すっかり世界に冠たる大都会となりました。日本からの観光地としてもお馴染みで、安心して遊べる海外都市として大人気を博しております。

 そんなバンコクでの定番スポットといえば、マーケット巡り。

「ウィークエンドマーケット、ルンピニ・ナイトマーケット、水上マーケット」などなど、タイを旅行するなら必ずといっていいほど立ち寄るであろう市場がたくさんあります。

 とはいえ、もうちょっと変わった、不思議な市場にも行ってみたい。そんな違いの分かるトカナ読者にオススメなのが「タープラチャン市場」。プラ・クルアンや呪物を専門に扱う、タイのオカルト好きには有名なマーケットであります。

プラクルアン ほご呪物.JPG
プラ・クルアン


 プラ・クルアンとは、小さな仏像や高僧をかたどった、首から下げるお守りのようなもの。タイ人の間でも大人気で、専門の雑誌まで発行されています。タクシーに乗った時に、ダッシュボードからぶら下げてあるのを見た人も多いでしょう。収集マニアも多く、骨董的価値やレアものによっては何十万円から何百万円もするものだってあります。


 そんなプラ・クルアンが大量かつ安価に売られているのが、タープラチャン市場。路上からアーケードまで、数限りないお店がズラリと並んでいて圧巻です。露店でタダ同然に売られていたものが、高価な掘り出しものだった……そんな夢を見させてくれるのも、ここの特徴です。

 お客さんも、目の利きそうな老商人や、手つきもたどたどしいお兄ちゃん、マニアらしき中国人などなど。彼らがルーペを覗いて細かい材質や保存状態を必死に鑑定する姿を見るのだけでも楽しいです。

 とはいえ、プラ・クルアンとは本来、寺院にて祈祷されたものを購入するのが本筋。そういう意味では、この市場で安く売っているのはレプリカが多く、掘り出し物を求めて来ても、素人にはどれも同じに見えるだけで鑑定などとても不可能でしょう。もちろん、ぱっと見て気に入った物を買えばいいのですが、ここはいっそ、一味変わった奇妙な呪物を探してみてはどうでしょう。タープラチャン市場では、メインであるプラ・クルアンのほかにも、様々な変わった呪物が揃っていますよ。

 例えばプラ・ピッター。両目を隠して修行に専念した僧侶をデザインしたものが有名ですが、中にはたくさんの手がはえて両耳や肛門まで隠しているものまであり、ちょっと気味悪いです。隠す部分が多ければ多いほど、持ち主を守る力が強くなるとも言われています。

re-ushi.jpg
プラ・ピッター

 または牛の霊を込めたサイモンダム。動物霊なだけにちょっと扱いが難しく、持ち主の意思を超えて暴れたりすることもあるそうですが……まあ、この市場で安売りしているものには呪術師による魂込めは行われていないでしょうから、逆に安心でもあります。他にも、紐でグルグル巻きに繋がった二体の人形(恋愛成就のアイテムらしい)、フラットウッズの宇宙人ソックリな人形(仏様のようです)などなど……デザインとしても面白いものばかり。

simon.JPG
サイモンダム

 中でも一番人気で販売量も多いのが、クマントーンです。この呪物、本来は自分が妊娠させた女性の腹を裂き、とりだした胎児をミイラ化して金粉をまぶし作るもの。そんなヒドい殺され方をされたにも関わらず、胎児霊は主人たる自分のため、商売を繁盛させたりライバルを倒してくれたりと、素晴らしい働きをしてくれるそうです。

クマントーン.JPG
クマトーン
クマントーン3.JPG
ミイラ化したクマトーン

 もちろん、市場にて売られているのは全くのレプリカ。可愛らしいものから、本当の胎児かと思わせるリアルなもの、妖怪のごとき不気味なものと、造形も様々です。値段も安いものなら数百円ですし、「クマントーンを知らないとタイの文化を知ったことにならない」とまで言われる呪物ですから、一度くらいは手にとってみるといいかもしれません。

 ほかにも紹介しきれないくらい、不思議なブツでいっぱいのタープラチャン市場。チャオプラヤ河の船着場から直結、王宮からもすぐ近くとアクセスが良い場所にあるので、是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか。

p-yoshida2.jpg

■吉田悠軌(よしだ ゆうき)
怪談サークル「とうもろこしの会」会長。怪談やオカルトを「隠された文化」として収集・研究している。著書に『放課後怪談部』。編集長を務める同人誌『怪処』ではオカルト的な場所を広く紹介。
怪処HP

・吉田会長の過去記事はコチラで読めます。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。