>  >  > 観たら絶対に肉が食えなくなる映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

グロ

,

変態

,

天野ミチヒロ

,

封印映像

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

  • 【今回の映画 『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』】


 以前このコラムで、『徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑』という、内臓ドバドバの邦画史上最悪なカルト作品を紹介したが(参照はコチラ)、東映は翌1977年、人の顔の皮を剥いでマスクとして被るレザー・フェイスで有名な『悪魔のいけにえ』(日本公開75年)にインスパイアされ、「観たら当分は肉を食えないような映画」(プロデューサー談)の製作に着手した。それが『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』だ。

 監督に抜擢されたのは、80年~90年代にマツケン主演でお馴染みの『暴れん坊将軍』ほか、多くの東映テレビ時代劇で勧善懲悪ドラマを演出していた牧口雄二。普段の彼は物静かでコワモテでもないのだが、共に仕事をしたスタッフや俳優達が口を揃えて「顔に似合わず怖い人」と言う。お茶の間に提供する時代劇の無難な演出は表の顔で、その裏に隠した凄腕は、煩わしいテレビ放送コードの及ばない成人映画において炸裂していたのだ。作品はそのアンチモラルさからかビデオも発売されなかったが、2012年になってようやく初ソフト化。これからDVDを鑑賞する方は、観終わってからこの記事を読むことをオススメする(後でネタバレ注意報出します)。

■『女獄門帖 引き裂かれた尼僧』血塗れのあらすじ

hikisakareta.jpg
画像は、『女獄門帖 引き裂かれた尼僧【DVD】』(TOEI COMPANY,LTD.)より

 尼寺の愁月院に駆け込んだ足抜け女郎・おみの(田島はるか)。ひとまず安堵するおみのだが、その寺は強烈キャラ達が蠢く魔性の巣窟だった。裏庭でケシを栽培しアヘンを吸う住職の桂秀尼。各々、猫と蛇をペットにするレズカップルの尼僧。何するでもなく不気味なたたずまいを見せる聾唖(ろうあ)の少女・お小夜。寺に訪れる男をブッ殺し、解体して鍋に放り込んで食べる寺男の作造。この作造に扮したのは、主に70年代~80年代の刑事ドラマや時代劇に必ず出てくる名悪役・志賀勝。金髪で顔を白塗りにし、赤い着物をだらしなく着こなし、首をコキコキさせる怪演ぶりは、彼のフィルモグラフィーの中でも最凶。山道でこんなのに出くわしたら、もう逃げるしかない。

【ここから先はネタバレ・グロ展開に注意!】 

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?