>  > 写真家・山中学が焼き付ける「生と死の境界線」『羯諦』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:山中学, 羯諦
創作期間25年の写真集『羯諦』写真家・山中学が焼き付ける「生と死の境界線」

【日刊サイゾーより】(2009年4月21日初出)  ホームレス、朽ちかけた動物の死体、老婆や身体障害者のヌード、そして、生まれる事がなかった水子たち......。直視することもはばかられるような物たちを、被写体として収めた写真集『羯諦(ぎゃあてい)』(ポット出版)。

羯諦─山中学 写真

羯諦─山中学 写真

貧困、老い、病、死......。人が忌避するものの中にある「仏性」を写す。海外で高い評価を受ける山中学初の商業写真集。25年にわたって取り続けた6シリーズ108点を収録する。

人気連載

レメディオス・バロ/暗闇と夢と魔術の芸術家 ― ビョークやマドンナも陶酔する美人シュルレアリストの真実

 最近、筆者の周囲では(年齢的に当然かもしれないが)結婚が相...

封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...