>  >  > 【予言】首都圏で大地震発生か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

予言

,

地震予知

,

松原照子

——30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象研究家の百瀬直也が今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。


 11月16日20:44に、千葉県北西部を震源とするM5.4、最大震度4の地震があったが、今回紹介する松原照子氏(以下、松原氏)の予言は、これと関連するものかもしれない。

 松原氏といえば、2011年3月11日に東日本大震災を予言していた人物として一躍知られるようになった日本有数の予言者だ。まずは、過去の予言について少し紹介したい。

 2011年。松原氏は自身のブログ「幸福への近道」で、大震災の予言の記事を何度か発表。

 1月22日には、「今年に入って胸騒ぎがしてならなかった。アァ ついに我国も大災害の壺に嵌ったのかと」と、すでに大震災の発生を予見していた。

 2月4日には、原発事故について「その日が近付いている そんな思いにもなります」と書いていた。

 さらに2月16日の記事では、太平洋側で揺れそうだと書いてから、「『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を自分にしています。どこにあるのだろうと探してみると見つかった。指で感じ取ろうとしたが期待ほど感じなかったが釜石辺りが赤く見えた」と、津波で甚大な被害が出た2つの地名を挙げている。

 ほかにも、さまざまな世見(松原氏予言をこう呼ぶ)を当ててきたが、筆者のブログでは「松原照子さんが的中させた世見」として的中した予言をまとめたページがあるので、興味がある方は後で参照していただきたい。


■9月29日に松原氏が予言:日本海東線のあたりで大地震と津波?

 松原氏は、今年9月29日の「世見」で、「北アメリカプレートと太平洋プレート、フィリピン海プレートの接点のある場所を中心に動きやすくなっているのを感じています」と書いている。

 その接点とは、地図に赤い◯印を付けた東京湾の東沖だ。

matsubara11.jpg

 つまり、伊豆・小笠原諸島または房総沖で大地震があるということなのだろうか。

幸福への近道

幸福への近道

松原照子氏、著

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年12月11日 07:06 | 返信

うさんくさい

1:匿名2017年12月11日 07:05 | 返信

胡散臭いばばぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。