>  >  > 乾電池とコンドームで武器を組み立てる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※安全のため、この武器の作り方の詳細は公開されておりません。また、危険ですので絶対にマネしないでください。

gun1126.jpg
画像は、問題の武器。Daily Mailより

 最近、3Dプリンタを使えば誰にでも本物の銃が作れてしまうというニュースが世間を騒がせたばかりだが、このニュースに恐怖を覚えた私たちに、さらなる悲報が舞い込んできた。

 11月25日にアメリカのニュースサイト「Daily Mail」が報じた記事によると、なんと、空港のセキュリティチェックを通過した後、売店で誰もが購入することのできる商品を組み合わせて、殺傷能力をもつ武器を作ることが可能であることが判明したのだ。


■マッド・サイエンティストの正体

gun1126-4.jpg
画像は、ブース氏。Daily Mailより

 この事実を公表しているのはノースカロライナ州のグリーンズボロに住むエヴァン・ブース氏だ。昼間の彼はWebデベロッパーとして働く会社員だが、夜自宅に戻ってからはセキュリティ・リサーチャーとしての裏の顔を持ち、夜な夜な研究に勤しんでいるのだとか。

 セキュリティ・リサーチャーといっても、ブース氏が研究しているものは、なんと手作りの武器。しかも彼の関心とは、空港のセキュリティチェックを通過したあと、誰もが売店で購入することができる商品(乾電池、ヘアドライヤー、デンタルフロス、ボディスプレー、コンドーム、お土産用のマグネット、傘など)を用いて、どのような武器を作ることができるのか、という点にあるのだ。

 まずブース氏は、空港内で誰でも買うことのできるこのような一見無害な商品を買い集めることから研究を開始する。そしてこれらの商品が、殺傷能力を持つ武器の材料へと転用可能であることに確信を持つに至るのだった。

 そして試行錯誤の結果、ついに彼は数々の強力な武器(ショットガン、手榴弾、ボウガン、吹き矢、こん棒など)の製作に成功し、現在サイト上で披露することによって人々を驚かせているのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?