>  >  > 遺伝子の中に「未知の種族」の情報が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
nature.jpg
画像は、記事参照元「nature」より

 私たち人類の祖先は、どうやらさまざまな種と交わりながら暮らしていたようだ。最先端の遺伝学が明らかにした驚愕の事実とは――。

 今月19日、英国の科学誌ネイチャーが同誌のウェブサイト「nature」で報じたところによると、18日に開かれたロンドン王立協会(世界最古の科学学会)の会合において、古代人類であるネアンデルタール人とデニソワ人のゲノム(遺伝子情報)が発表された。


■デニソワ人とは?

neanderuta-ru.jpg
画像は、デニソワ人。abovetopsecret」より

 まず、デニソワ人とは、シベリアのアルタイ山脈の洞窟で2008年に化石として発見された古代人類だ。彼らは、5万年から3万年前に生きていた、私たち現生人類やネアンデルタール人と共通の祖先を持つと考えられる存在だ。

 このデニソワ人とネアンデルタール人、そして私たち現生人類の祖先は、3万年以上前に地球上で同時に活動していた時期があり、遺伝子検査の結果、これらの種が互いに交配していたという事実が2010年に明らかになっている。

 現生人類の遺伝子のうち、その約2%がネアンデルタール人から受け継いだものであるという。パプア・ニューギニア人やオーストラリアのアボリジニなど、オセアニアに住む人に限って言えば、彼らの遺伝子のうち4%が、デニソワ人から受け継いだと考えられるそうだ。このような交配は、現生人類の遺伝的多様性に結びついているという。

 これだけでも当時はかなり革命的な発見として、世界に衝撃を与えたニュースであったわけだが、今回ネアンデルタール人とデニソワ人の遺伝子の全体像が判明したことによって、さらに衝撃的な事実が明るみになったのだという。

コメント

2:匿名2017年9月 2日 22:03 | 返信

新発見の古代人は、(ネアンデルタール人の)後から進化して
アフリカを出発したって事かな? 
起源はアフリカばかりじゃないと思うんだけど…。
全くほかの土地から出てきた可能性はないのかな。

1:匿名2016年8月28日 02:11 | 返信

少なくともホモサピエンスとネアンデルタール人は殺し合いしてたみたいだし異種交配っつっても実際には殺し合いで勝た種族のオスから負けた種族のメスへのレイプだろ
それもヤギとか豚とかみたいなた種族を性欲処理に使う極一部の変態による極めて特殊な例
仲良く共存してたら混じり合って一つの種族になってるよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。