>  >  > 板野友美~空っぽなその世界~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

AKB48

,

板野友美

itano.jpg
画像は、『ともちん 板野友美 AKB48卒業記念 写真集』 (講談社MOOK)より 

 元AKB48の板野友美の存在に物哀しさを感じてしまうのは筆者だけだろうか? メディアで見かけるたびに顔立ちが変わっていく、ビジュアル面の無常感にはもちろんのこと、板野のメンタル面の掴みどころのなさに空しさを覚え、なんだか哀しくなってしまうのである。


■ヤンキーセレブとしての板野友美

 今年8月に8年間在籍したAKB48を卒業して以降、自宅高級マンションのゴージャスな部屋や、ロサンゼルスとハワイでのバカンスを満喫する様子をテレビ番組で公開したり、高級ブランドの30万円もするファーコートを購入したことをTwitterで報告したりと”セレブアピール”が話題になっている板野。“若者のファッションリーダー”と評されることも多く、「海外セレブみたいで憧れる!」「ギャル路線でどんどんいってほしい」と板野のブログにコメントを寄せるファンも多い。その一方で、掲示板サイトには以下のような厳しいコメントも。

「黒のワゴンRをローダウンさせてメッキホイールはかせて、ダッシュボードに白いフワフワ置いて、ミラーからアクセサリーぶら下げて、スマホいじりながらデカいグラサンして乗っている女と同じ精神構造」

「売れっ子キャバ嬢の部屋にしか見えん。それはともかく、女子が10代に妄想してた物質文化の極みってこんな感じなのかね」

 どんなにセレブ性を強調しても、田舎のヤンキー的・成金趣味が否めない。また、ファッションリーダーと呼ばれたところで、引き連れているのがドン・キホーテ前にたむろしてそうな、ジャージにサンダル履きの中高生ではいささか説得力に欠けるだろう。


■雲を掴むような板野トーク

「ってゆうか~」「なんか~」「でも~」板野友美の話し言葉には、語尾を伸ばした接続詞が多く用いられる。また、“ふんわり、ぼんやり”した喋り方も特徴的で、10月31日の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した際には、ダウンタウンの松本人志から「そんなに賢くないの?」「話を広げようという気はないの?」と問われていた。

 さらに、11月8日に放送されたトーク番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)では、AKB時代に総合プロデューサーの秋元康から「君たちはまな板の上のコイみたいなもの。すごい人たちに任せなさい」と言われていたことを告白。しかし、肝心なところで「まな板の上のタイ」と言い間違えてしまうほど、語彙力の乏しさを露呈した。

 フニャフニャと幼児のように喋り、単語を間違え、微笑みを絶やさない板野は一見すると非常にカワイイ。しかし、悲しい時や困った時、泣いている時さえも涙袋はパンパンに膨れたまま、口角は妙に上がったままなので、終始にやけているように見えてしまう。板野のトーク映像を長時間見ていると、どんな場面でも表情が変わることのない“笑い顔のウサギのお面”を見せられているような不安感を覚える。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年8月29日 00:15 | 返信

篠田麻里子さんに華?
もうテレビでは見かけませんが?

1:匿名2015年8月28日 17:47 | 返信

でっ ナニが、言いたいの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。