• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

サル

,

売春

,

実験

■学者が目撃した驚異の光景

monkey3.jpg

 それは科学者コンビが、2匹のオマキザルたちが性交していることに気付いたときの事だった。彼らは、オマキザルのオスが性交を終えた後、メスに対して硬貨を与えている光景を目撃したのだ。性交の代価として硬貨を受け取ったメスは、その後すぐにブドウと交換したという。科学者コンビは「恐らくオマキザルは、硬貨を、食物以外との交換にも用いることができるものと理解している」と語り、彼らが完全に貨幣の概念を学んだことを確信し、その後もさらなる研究を進めているという。

 オマキザルたちに貨幣の使い方を教えると、インセンティブに合理的に反応し、ギャンブルに熱中し、貯蓄に失敗し、時に盗みを働くのだ。しかも、セックスのために貨幣を使うことすらある。実験が明らかにした事実をこうしてまとめてみると、私たち人間の社会においても、信じられないほどオマキザルによく似た人がたくさんいることに気付かされないだろうか。
(スポンジ保父)

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年4月 9日 01:39 | 返信

今更な感じが・・・。
性交のためにオスがメスへプレゼントを渡すのは
自然界でもある事だし。
記事の内容は別に珍しくはないと思うけど、そんなに凄い発見なのか?w
鳥の交尾(自然ドキュメンタリー)を見てると、よくある様子だよ?
花やエサをメスに運んできたり、立派な巣を作ったり。
動物だからって、全てが身体的特徴だけでメスを誘う訳ではない。

動物が物ではなく、金に対価を見出したなら
(その条件を人間が与えて作り出したなら)
動物は当然、物と同じように金を使う。

結果、性交に際してメスに渡すプレゼントが、金に代わった訳だ。
人間の売春と同じ感覚で、セックスを金で買ったわけではない。

1:赤岡龍男2016年1月25日 22:32 | 返信

前頭葉の影響か?気をつけたい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。