>  > 残酷すぎるナチスの死体活用術とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
bukiningen.jpg
画像は、「武器人間」公式サイトより

 死体と機械をつなぎ合わせた改造人間「武器人間」がナチスの最強の破壊兵器として登場する映画『武器人間』が注目されている。「人間と武器がくっついちゃった!!!」という、グロテスクな内容と反し、国民的アニメ『ドラえもん』で有名な声優・大山のぶ代が務めた予告ナレーションも話題になった。

 あらすじはこうだ。1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がドイツの占領地域に潜入する。やがて、大量虐殺の痕跡がある教会を発見。その地下に入ると、迷路のような通路が張り巡らされ、奥には謎の研究施設。そこで彼らが見たものは、フランケンシュタイン博士の末裔による、死体と機械をつなぎ合わせた破壊兵器「武器人間」を製造するというおぞましい実験が行われていたのだった――。

 映画は、偵察部隊の記録映像を元に作られたモキュメンタリー形式で、撮影者のレンズを通して映し出される世界を見ていると、まるで自分が謎の研究室に迷い込んでしまったという錯覚に陥る。迷路のような地下通路からいきなり次々と襲い掛かってくる「武器人間」たちに驚かされつつも、そのキャラクターに魅入られた。

「プロペラヘッド」戦闘機のプロペラが頭になっている。プロペラの羽根で人体を血しぶきをたててミンチ肉に。
「レイザーティース」ガシャンガシャンと両側から挟む鋭い刃を持った顔面をしている。挟まれたら頭蓋骨が粉砕され、脳汁が飛び出すことに。
「モスキート」ナチスのヘルメットをかぶり、顔がドリル、手足が槍でできている。人体に鋭く尖った手足やドリルで穴を開ける。

 …など、次々と現れる恐怖の殺戮兵器「武器人間」が恐怖を盛り上げる。しかし、事実は小説より奇なり。実際にナチスで行われていた実験も、想像を絶するものであったのはご存じだろうか?


■ナチスの戦慄の人体実験と死体活用

 第二次世界大戦中、ナチスドイツは戦慄の人体実験をナチ強制収容所の囚人に対して行っていた。人体実験の筆頭として語られる、医師のヨーゼフ・メンゲレ、別名「死の天使」は、実験対象である囚人を「モルモット」と呼び、麻酔なしの手術、生きたままの解剖、有害物質や病原菌の人体への注入、さまざま薬剤テスト、血液を大量に抜き取る、死ぬまで凍らせるなど、ありとあらゆる残虐な実験を繰り返したのだった。

 また、彼は双子に対して異常な執着を見せたという。双子の眼球を摘出したり、また絵の具を注射して瞳の色を変える実験なども行ったりした。そして、双子の背中同士を縫い合わせ、「人工的なシャム双生児」まで創り出したのだ。しかし、縫い合わされた双子はその後、感染症にかかり、体中が膿みただれて悲惨な姿となる。その後、苦しむ我が子を見るのに耐え切れず、両親が双子を絞め殺したという。

 さらに、ヒトラーの側近・ヒムラーの主治医を務めたカール・ゲープハルトは、15歳から25歳の若い女囚に対して、麻酔なしで身体を切り刻んだという。彼は、女囚から筋肉や神経、骨などを採取した。時には傷口をわざと膿みただれさせ、そこに細菌を植えつけたという。麻酔なしで行われた手術は想像を絶する痛さで、生涯身体不自由になる者が多かった。ちなみに、彼の行った実験は、単なる虐殺で科学的根拠はなかったとされている。

 そのほかにもナチスは、ロシア人捕虜に対する冷凍・低体温実験、マラリア実験、マスタードガス実験など戦慄の人体実験を行っていたといわれている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?