>  > ファブリーズの除霊効果はマジだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ファブリーズ

,

沼袋ゴミ袋

,

除霊

yuurei3.jpg

 つい最近まで、筆者は千葉県某所にある14階のマンションの最上階で実家暮らしをしていた。比較的高さがあるせいか、有名な飛び降り自殺のスポットとしても知られており、同時に心霊スポットでもあった。実際に、マンションの廊下の手すりによりかかっている霊や玄関のロビーに毎日立っている黒い女など、住人たちの幽霊目撃談は後を絶たない。

 だからだろうか…筆者は30歳になるまで、実家を出られずにいた。矛盾しているが、幽霊が出る心霊スポットで家族と暮らしている方が、1人暮らしで幽霊を目撃する恐怖よりもまだマシだと考えていたのだ。しかし、さすがに“30”はマズいだろうと思い、この度1人暮らしを始めることになった。そして、幽霊の対処法をネットで調べているうちに見つけてしまったのだ。

 簡単に除霊できる、お金もかからない、そして、各家庭に1つはあるであろう、アレで除霊できることを…!!


■ファブリーズと除霊の関係

 そもそも、ファブリーズが除霊と関係があるかもしれない、と言われるようになったのは『零~紅い蝶~』という超絶怖い和風ホラーアドベンチャーゲームの開発スタッフが、製作中に見舞われた心霊現象を「開発秘話」というタイトルで公式HPで公表したことに起因する。

「開発秘話」によると、白い女の霊が出現し、怖さのあまり部屋の電気をつけようとしたがつかない、夜中に何者かに強い力で肘や肩を握られ、そこが1週間痛むなどの霊障に悩まされていたという。しかし、とあるスタッフは気づいたのだった。部屋にファブリーズをした時は、幽霊が出ないということに……!


■除霊ができるのには理由があった

 ファブリーズに除霊効果があるのかどうかに関して、ネットでは、「古代アステカ文明の『センテオトル』というトウモロコシの神がファブリーズに宿っている」「ファブリーズのトウモロコシ成分『シクロデキストリン』の分子構造が、魔法陣の形に似ている」など、様々な説が論じられているが、実際はどうなのだろうか?

 国際気能法研究所代表で、超常現象の分野を15歳の頃から研究している秋山眞人氏にお話を伺った。

「日本ではもともと塩やお酒が除霊に使用されますが、南米では硫黄が使用されます。これらに共通しているのは、“殺菌力”。これがポイントです。そして、“虫の知らせ”という言葉がありますよね。この“虫”は、虫だけでなく、カビなどの微細菌も指していると考えられます。つまり、これらの虫や微細菌が霊的な情報を持っていて、それを除菌することが、除霊につながっているということです」

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメント

2:匿名2015年12月 6日 23:13 | 返信

軽薄なくせに自己主張の強い芳香剤や香水の匂いが嫌い。
鼻を刺すというか、鼻の良い人には非常に迷惑。嫌いな人は結構多いよ。
幽霊もキツイ匂いが嫌いだっただけで慣れちゃったんじゃないのw

1:匿名2015年12月 6日 23:09 | 返信

単に匂いが嫌いだっただけなんじゃないの?
「匂い」自体が人によって感じ方が違う。
ファブリーズのキツイ匂いは自分も嫌いだ。もし自分がそこに棲んでいて、ファブリーズを撒き散らされた日には外で新鮮な空気でも吸いに行くw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。