>  > 平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:吉田尚弘, 戦場カメラマン
平成生まれの戦場カメラマン・吉田尚弘「『ミャンマー側のスナイパーに狙われてる』と言われてすごい気が昂った」

 高校生時代から難民支援NGOの契約カメラマンとなり、ビルマ難民を取材。若干22歳の今「平成生まれの戦場カメラマン」として、海外のスラムや紛争地にある「リアル」をテーマに撮影を続ける吉田尚弘氏。その若く・細い(とても戦場カメラマンには見えない!)体のどこからそんなエネルギーが沸くのか…、吉田氏を突き動かしているものは何なのか、お話しを伺った。 ――まず、カメラマンになった経緯を教えてくださ...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...