>  >  > 「4次元宇宙」移民計画責任者、キャプテン・ハトン
【教養としての神秘主義 第1回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
宇宙人か、それとも… 「4次元宇宙」移民計画責任者、キャプテン・ハトンという男

 本や雑誌、インターネット、そしてSNSによって膨大に情報が飛び交う現代社会において、その情報の真偽をチェックする判断力は重要だ。しかし、ウソかホントかばかり気にしていては「ケツの穴が小さいヤツだ」「細けえことはいいんだよ」などの誹りは免れない。むしろ、真実よりも甘く、大事なウソを楽しめてこそ、余裕がある大人として認められるのではないだろうか。本連載「教養としての神秘主義」では、そんな大人のた...