>  >  > 「4次元宇宙」移民計画責任者、キャプテン・ハトン
【教養としての神秘主義 第1回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
spacey.jpg

 本や雑誌、インターネット、そしてSNSによって膨大に情報が飛び交う現代社会において、その情報の真偽をチェックする判断力は重要だ。しかし、ウソかホントかばかり気にしていては「ケツの穴が小さいヤツだ」「細けえことはいいんだよ」などの誹りは免れない。むしろ、真実よりも甘く、大事なウソを楽しめてこそ、余裕がある大人として認められるのではないだろうか。本連載「教養としての神秘主義」では、そんな大人のためのミステリー情報をお伝えしていく――。


教養としての神秘主義 第1回
キャプテン・ハトン


我々が生きる宇宙は実は10次元か11次元ある」。突然、こんな風に教えられたらさぞかし驚いてしまうはずだ。

 しかし、最新の物理学の世界で「宇宙誕生の謎を解く鍵」と呼ばれる「超ひも理論(超弦理論)」では、宇宙の空間次元はそのような認識できない次元まで広がっているとされる。「我々が生きる3次元空間に、時間を加えた4次元の空間次元、さらに5次元、6次元の空間次元が存在し、宇宙誕生の瞬間に3次元の空間次元だけがインフレーションをおこした」……と説明されても常人の想像力ではなかなかついていけないのが正直な感想だろう。試しに、Wikipediaの超ひも理論のページを読んでみてほしい。まるでハードなSF小説を読んでいる気分になるだろう。


■意外と「近い」物理学とニューエイジ思想

 ホンモノの研究者には迷惑な話かもしれないが、超ひも理論で用いられる馴染みのないテクニカル・タームが醸し出す、このSF感覚……。これは、ニューエイジ思想のそれと通じるものがあるのではないだろうか。

 たとえば、「5次元以上の空間次元が宇宙には存在する」という説明は「5次元宇宙へのアセンション」を唱えるニューエイジ信奉者の言葉を彷彿とさせる。ニューエイジ思想では、間もなく地球には、2万6千年に1度の次元上昇の機会が訪れ、アセンションを望み、カルマを取り除くことのできる人間だけが、肉体を持たず“意識だけで生きることができる”という5次元宇宙に移行できる、と信じられている。彼らの物言いは「東洋思想と最新物理学の混合」として読めなくもない。


■キャプテン・ハトンとともに4次元宇宙へ

 さて、アセンションは5次元宇宙への到達が目標とされているが、その前に4次元宇宙への移民計画が密かに進んでいることをご存じだろうか。

 計画責任者は、ギエオルゴス・セレス・ハトン(通称、キャプテン・ハトン)というプレイアデス星人。肩書きはこうだ。


プレイアデス地区戦闘司令官、宇宙間連合艦隊の指揮官、銀河系議会と宇宙間連邦議会における地球代表。

 一説によれば北欧系人種のイケメンだといういう彼は、宇宙船フェニックス号から地球に向けてのメッセージを日々発信している。1992年、ラジオ・インタビューに彼が応じた際には「100万隻以上の宇宙船を指揮している」「私のミッションは、この惑星から『神に選ばれた人々』を運ぶことだ」と語った。

 時がくれば我々は、ハトンによって4次元宇宙へと運ばれるのである。

 こうしたハトンからのメッセージをまとめ、一般人にも分かりやすく啓発しようというのがアメリカのラスヴェガスに拠点を置く『フェニックス・ジャーナルズ』である。同団体は、現在、ドリス・エッカーという人物を中心として定期的にフリー・ペーパーを発行している(http://www.phoenixsourcedistributors.com/)。

 その内容は、ハトンからのメッセージのほかに、彼の協力者たちからの寄稿によって構成されている。4次元宇宙への移民計画の遂行とともに、世界経済を牛耳るユダヤ人たちの陰謀や、悪魔主義者たちから人類を守ろうという彼らの意志はとても刺激的だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。