>  >  > 死体だらけの CARCASS『腐乱死臭』
君はジャケ買いできるか!? シリーズ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

CARCASS

,

Leoneko

,

デスメタル

,

死体愛好癖

 次ページ閲覧注意! グロが苦手な方はTOPへお戻りください。

 2013年9月14日、メタルバンド「CARCASS」の17年ぶりのスタジオフルアルバム『Surgical Steel』がリリースされた。CARCASSは、デスメタル/メロディックデスメタル界では伝説的なバンドで、1996年に一度解散している。その後、2008年にライブ活動のみで再結成し、今回のリリースで完全復活を成し遂げたわけだ。日本にも復活後、メタル専門フェス「ラウドパーク」で来日を果たしている。

 彼らの音楽性の出発点はハードコア・パンクのジャンルの1つである「グラインドコア」だった。1stアルバムをリリースした頃の曲は、ひたすら速くビートを刻むドラムとベースと、何をしているのか分からないギターリフに、メロディの欠片もないしゃがれた声で歌詞を吐き捨てるだけのボーカルが合わさっただけと言っても過言ではなかった。一応、曲の展開は確認できるものの、何がなんだか分からないという状態。演奏もドタバタで決してうまいとはいえず、サウンドも悪い。だが、このプロダクションの悪さがかえってCARCASSという個性を際立たせる結果にもなった。

 しかし、彼らの音楽性は徐々に変化していく。2ndアルバムではグラインドコアの名残があるものの、1stほどの劣悪さは影を潜め、曲が曲として判別できるようになり、いわゆるデスメタルというスタイルになる。3rdになると大きく進化を遂げ、この頃からギターソロがメロディックになり、リフには緩急がついて複雑な展開を見せ、CARCASSのデスメタルスタイルができあがる。3rdアルバムにはライヴでお馴染みの、邦題が秀逸すぎる『屍体で花をさかせましょう』や『人体ジグソー・パズル』『硫酸どろどろなんでも溶かす』が収録されている。

 4thアルバム『Heartwork』で彼らのスタイルは完成形を迎える。音楽性はデスメタルの攻撃性は残すものの、琴線に触れる泣きのギターソロを大胆に導入し、楽曲はデスメタルよりも正統派なヘヴィーメタルに近づいた。これにより、デスメタルファン以外の一般的なメタルリスナーの支持も受け、商業的にも大きな成功を収める。4thの表題曲である『Heartwork』はメロデス界を代表する名曲中の名曲だ。多くのメタルファンがこの曲で涙したことだろう。

 この『Heartwork』で成功を収めたCRACASSは、デスメタルというアンダーグラウンドなジャンルながらも、大手メジャーレーベル「コロムビア・レコード」と次作の契約を勝ち取り、レコーディングをする。しかしここで問題が起きた。レーベル側がボーカルのデスボイスを拒絶したのだ。そう、CRACASSは世界的な人気を獲得し、音楽性もゴリゴリのデスメタルではなくなかったかもしれないが、ボーカルスタイルだけはデスボイスにこだわり続けていた。バンド側もそこは譲ることはできず、お互いは決裂。結局メジャーからリリースされるはずだった5thアルバム『Swansong』は、1stをリリースしたインディーズのイヤーエイク・レコードからリリースし、CARCASSは解散という道を選ぶことになったのだ。

 さて、ここまでCARCASSの歴史を簡単に述べたわけだが、彼らは音楽性以外にも何かと話題になった。それはグロテスクなジャケットだ。彼らのデビューアルバムである『Reek of Putrefaction』のアルバムジャケットはまさに伝説。放題はズバリ『腐乱死臭』。タイトルの期待を裏切らない素晴らしいジャケットとなっている。邦題がそのまま表現されたかのようで、まさにグッドデザイン。本当に何か臭ってきそうで、無意識に鼻呼吸を止めてしまうかもしれない。

 次ページ閲覧注意! グロが苦手な方はTOPへお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?