>  > 最強の“若返りの薬”への可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
skincare.jpg

 誰にとっても時間は平等に過ぎていく。どれほどのお金や権力を以ってしても、過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできない。体は歳を重ねるごとに衰え、病気にかかりやすくなり、残された時間は刻一刻と……という、あらゆる生命が背負ってきた宿命が、どうやら変化する可能性もありそうな発見だ。

 12月19日に「New Scientist」が掲載した記事によると、科学者のチームが、ある方法によって、歳をとったネズミの老化を食い止め、さらに若返らせることにまで成功したというのだ。


■そもそも、なぜ老化するのか?

 哺乳類の老化は、細胞の中にあるミトコンドリアと深いつながりがあると考えられてきた。ミトコンドリアとは、それ自身が独自のDNAを持ち、呼吸を行うことで細胞にエネルギーを供給する役割を担っているもの。しかし、哺乳類が歳を重ねるうちに、ミトコンドリアの機能は衰え、その結果としてアルツハイマー病や糖尿病にかかりやすくなるといわれているのだが、ハーバード大学医学大学院のアナ・ゴメス氏のチームによって、その詳しいメカニズムが明らかになりつつあるようだ。

コメント

2:morton2015年1月 7日 19:36 | 返信

とても関心のある分野です。私は近畿、W県W市木広町2-27に住む作曲家(プロ、クラシック系)・
詩人・歌人です。NHKのTV放送を見ながら拍手いたしました。NMNによって若返って寿命の伸びることは私のような芸術家にとってとても大切な要件です。アルツハイマー病が治るということも「素晴らしい!」と感じました。

1:匿名2015年1月 5日 11:09 | 返信

血糖降下剤「NMN」が話題に???なぜ???「糖化抑制」能力(酸化抑制も同時にあればBest)は老化スピードを遅らせる事はあっても若返りは有り得ない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。