>  > 封印された戦時中の大地震

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
jishin1225.jpg

――30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象を研究する百瀬直也が、今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。

 現在、南海トラフ地震がいつ起きるかということに注目が集まっている。地震調査委員会が2013年1月に出した評価によると、30年以内の発生確率が60~70%となっている。この地震による被害がどのくらい出るのかを知るためには、過去の南海トラフ地震の被害状況について知ることが大切だろう。

 しかし、この記事で問題とするのは、第二次世界大戦中の1944年12月7日に三重県南東沖で発生した「昭和東南海地震」だ。これは、M7.9の地震で、8~10mの津波も発生し、1223名の死者・行方不明者が出た。

 この地震の何が問題かというと、戦時中に発生したために軍部が徹底した報道統制を行い、地震そのものがほとんど報道されず、国民に知らされなかったことだ。翌日の各紙では、地震の発生を伝えるだけで、被害の詳細には一切触れていなかった。

 そして実は、東南海地震だけではなく、戦時中に発生して隠蔽された地震は他にもあったのだ。鳥取地震(1943年)と三河地震(1945年)の2つの地震も、それに該当する。


■鳥取地震 1943年9月10日午後5時36分発生

 現在の鳥取市を震源として発生した直下型地震だった。M7.2で、最大震度6を記録し、1083名の死者が出た。鳥取市の中心部は壊滅し、木造家屋のほとんどは倒壊した。夕食時だったため、いたる場所で火災が起きたという。この時はまだ情報統制はそれほど厳しくなかったのか、その被害状況は海外にも知られ、多数の援助があったという。だが、終戦時に多数の資料が破棄されたり失われたために、地震の規模や被害状況に関しては不明な点が多い。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。