>  > 【首都神話】女性を口説く時は、左耳にささやけ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

口説く

,

女性

,

首都神話

 右脳は、「感性・直感・イメージ・芸術」を司り、左脳は、「理性・記憶・計算」を司っていることはご存じの方も多いと思いますが、心理学者や催眠術師の方がよく言う言葉に「耳を使い分けろ」というのがあります。
 
 これはどういうことかというと、「左耳で聞いた情報は右脳に響きやすく、右耳で聞いた情報は左脳に響きやすい」ということらしいのです。

 実は、この原理を応用することで、恋愛も仕事もうまくいくというのです。ではどうすればいいのでしょうか?


■恋愛編

 まず、「恋愛」で相手をドキドキさせたり感情に訴えかけたい場合は、左耳に対して話しかけて右脳に響かせると、うまくいきやすいそうです。たとえば、意中の女性をデートに誘い、バーに行くとしましょう。その場合は女性の左側に座って、相手の左耳に口説き文句を言うと、成功率が格段にアップするそうです。

 逆に、奥さんや彼女に浮気がバレたとしましょう。

「ごめん! ごめん! もう絶対しないから!!」

 …と、左耳に聞かせるように謝罪の言葉を言うと、感情に訴え、許してもらいやすくなるらしいのです。

 逆に、右耳に聞かせてしまうと、記憶に訴えてしまい、「あなた、アノ時もそんなこと言ったじゃないの!!」…って感じで、さらにこじれてしまう危険性もあるとか。


■仕事編(電話)

 さて次は、ビジネスシーンでの応用法です。

 一般的なオフィスではデスクの左側に電話がある場合が多いそうですね。よって、日本人で働いている人々の多くは、左手で受話器を取って右手でメモを取りがちのようですが、実は、仕事の電話は右耳で聞くと、左脳に響いて記憶に残るためミスが減って、合理的に物事を進めることができるそうです。

 海外ではそのたとえ電話が左側にあっても、手をわざわざクロスさせて受話器は右耳に当てることが多いのだとか。昔からの習慣かもしれませんが、「耳の使い分け」の視点から自然と身についたのでは? とも考えられますね。


■仕事編(プレゼン)

 また、会議で「今日は資料もばっちりだし、理詰めでいこう!」という場合は、右耳に向けて堂々と話せばうまくいきやすいですし、「今日は自信がないけど、何とか乗り越えたい…」なんて時は、左耳に向けて感情に訴えるようプレゼンすると、失敗が免れやすくなるでしょう。


■仕事編(商談)

 さらに、大事な商談があるときは、取引先の「利き耳」がどちらかを探り、商談の作戦を変えるのにも有効。

【利き耳診断法】

 まず、取引先の人にわざと小さく「ゴショゴショ…」と話しかけ、「え?」と聞き返してきた時、どちらの耳を出したかで判断。

 右耳を出した人は、左脳派人間なので「数字などを元に合理的に話を進める」
 左耳を出した人は、右脳派人間なので「とにかく情に訴えかけて話をする」

 相手がどちらの脳を使っているかわかるだけで、その後の商談もスムーズにいきますよ。

 さて、再び恋愛の話に戻りますが、この利き耳診断法は、恋愛にも応用できます。利き耳が右の女性は未来のビジョンが明確で打算的な人が多いので、「俺は貯金が○○○万円あって、付き合うとこんないいことがあるよ」と、具体的なメリットを示した方が心に響きやすいでしょう。逆に、利き耳が左の女性なら、生々しい言葉より、とにかくロマンチックな言葉や態度で攻めると効果的です。

 それでは、皆さんの仕事や恋愛の充実をお祈りしております!
(文=島田秀平)

※この話は、未確認噂話です。

<イベント情報>

9dfa688fbda8145d9dc67f9cfdb0aa86.jpg
気になる人は画像をクリック!

「未確認噂話 首都神話トークライブ~第六十九夜~」
2013年12月26日(木)
開場:18:30/開演19:30
会場:新宿ロフトプラスワン
料金:前売¥1,800/当日\2,000(共に飲食代別)
※前売券はローソンチケットにて11月30日より発売開始
(Lコード:38603)
出演:島田秀平、スギ。(インスタントジョンソン)、長浜之人(キャン×キャン)、タムケン(放送作家)
ゲスト:ジャングルポケット 女性ゲスト:美月あかり
お問い合わせ:新宿ロフトプラスワン(03-3205-6864)

【バックナンバー】
なぜAKBは48人なのか? ファンも知らない、グループ名の“本当の”由来
【首都神話】若くて可愛いCAがいる通路は決まっていた!? 飛行機の座席にまつわる噂

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。