>  > 米で最も有名な霊能者シルビア・ブラウンが他界
2013年霊界ビッグニュース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

FBI

,

シルビア・ブラウン

,

事件

,

霊能者

SHIRVIA.jpg
画像は、『シルビア・ブラウン―サイキックとして 半生とその足跡』(中央アート出版社)より

 2013年11月20日午前7時10分、アメリカで最も有名な女性霊能者シルビア・ブラウンが他界した。公式サイトはカリフォルニア州サンノゼのグッド・サマリタン病院で「シルビアが77歳で(この世を)卒業した」と発表。少し前から、体調の芳しくない日が続いていたというが、死因は明かされていない。

 シルビアは自分の死を予言していた。2003年5月に出演した『CNN』のトーク番組『ラリー・キング』で、「私は88歳で死ぬ」と明言したのだ。実際には11年早く亡くなり、予言は外れてしまったのだが、世間は驚くことなく「やっぱり」と冷ややかに彼女の死を受け止めている。シルビアは行方不明になっている人たちへの霊視で知名度を上げたのだが、実はかなりの確率で外しており、インチキ霊能者とも呼ばれていたからだ。


■米で最も有名な霊能者になるまで

 1936年、シルビアは古き良きアメリカが息づくミズーリ州カンザスシティに生まれた。 母方は先祖代々の霊能者一族。彼女が霊能力に気がついたのは3歳の時で、インタビューでは、「最初は能力に戸惑った」「誰がもうすぐ死ぬのかわかるということは、とても怖いことだった」と回想している。成長するにつれ霊能者としての才能に磨きをかけていったシルビアは、霊視カウンセラーとなり、人々を助けるようになった。

 1964年、カリフォルニアに移住したのをきっかけに、プライベートで行っていた「霊視カウンセリング」を公にして、大々的に行うように。できるだけ多くの人を救いたいという使命感からそうしたとのことで、公式サイトには「何千人もの人々の人生をたて直す手助けをした。たくさんの人が幸せになり、人生の意味を理解したわ。そして、意外な方法(霊視カウンセリング)で神を探し当てたのよ」と満足げに記している。

 1974年には、サイキック調査を行うニルヴァーナ財団を設立。ノーバス・スピリトゥス協会を通して彼女の考えを牧師たちに伝授したり、シルビア・ブラウン催眠術トレーニングセンターを立ち上げて催眠術を教えたりもした。1991年になるとテレビ界に進出。人気トーク番組『モンテル・ウィリアムズ・ショー』に繰り返しゲスト出演し、行方不明になった人々の生死や、どこにいるのかを霊視したり、死者を降霊して会話をするように。

関連キーワード

FBI

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。