>  > 患者の臓器に「焼き入れ」する医師!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

焼き入れ

,

移植

,

臓器

 密かな自己顕示欲を満たすためだったのか、それとも自分の手がけた「作品」のつもりだったのか……。いずれにしてもこんなことをされてはたまらない。今月24日、患者の臓器に自らのイニシャルを「焼き入れ」していた外科医がいると英国のメディアが一斉に報じ、大きな話題を呼んでいる。

 その外科医の名は、サイモン・ブラムホール。英国バーミンガムのクイーン・エリザベス病院に顧問医師として10年以上にわたって勤務する彼は、年間に数百回という臓器移植手術を執刀するエキスパートとして、世界的に有名な存在だ。

surgeon.jpg
ブラムホール医師「Daily Mail」より

 そんなブラムホール医師に疑いの目が向けられるきっかけとなったのは、ある同僚医師による告発だった。ブラムホール医師の執刀により肝臓移植手術を受けたある患者の、その後の定期手術の際、この同僚医師は、肝臓の表面に「S B」と書かれた「焼き入れ」を発見したのだという。改めて指摘するまでもなく、「S B」とはブラムホール医師のイニシャルそのものである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。