>  > “炎上”は本当に問題なのか? 変わりつつある“炎上”スタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
“炎上”は本当に問題なのか? 変わりつつある“炎上”の中身を、春香クリスティーンの靖国発言から考察

「海外でこの(靖国参拝)問題、やっぱりよく比べられるは、もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、ほかの国はどう思うのかという論点で議論されるわけですけど…まあ、難しい問題ですよね」  という、春香クリスティーンの『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ)でのコメントが、「春香クリスティーンが、靖国とヒトラーの墓を同列に語って、参拝を批判している」と歪曲され、ネットで大バッシングされ、...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...