>  > “炎上”は本当に問題なのか? 変わりつつある“炎上”スタイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
“炎上”は本当に問題なのか? 変わりつつある“炎上”の中身を、春香クリスティーンの靖国発言から考察

「海外でこの(靖国参拝)問題、やっぱりよく比べられるは、もしもドイツの首相がヒトラーのお墓に墓参りをした場合、ほかの国はどう思うのかという論点で議論されるわけですけど…まあ、難しい問題ですよね」  という、春香クリスティーンの『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ)でのコメントが、「春香クリスティーンが、靖国とヒトラーの墓を同列に語って、参拝を批判している」と歪曲され、ネットで大バッシングされ、...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...