>  > 子種がピンチ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ブレンディ佐藤

,

股間

,

衝撃

 男性にあり、大切な器官のひとつに数えられ陰嚢。これは、精巣を包むコブ状の突起物であり、フグリ、玉袋、『それは私のお稲荷さんだ』など、さまざまな形で呼ばれ愛でられています。

 男性がこの器官を一際、愛でるのは、大切な子種を生成する精巣を守るためでもありますが、また一方で外部からのシゲキに非常に弱いためであるためではないでしょうか。陰嚢は軽くぶつけただけでも激痛を伴い、また強打しようものなら、その時の痛みは筆舌に尽くしがたく、ある者は股間を抑え飛び回り、またある者はそのまま意識を失うこともあるのだとか。

 ですが、それゆえに度胸試しや罰ゲームでしばしば“股間ネタ”が使われることも男性の間では定番となっています。アノ悶絶せざるを得ない痛みを体感したくないため、遊びとはいえ真剣勝負になりやすいのです。

 ですが、今回紹介する動画の少年は少々無謀がすぎたようです。

 夜の街の明かりの中、とある少年が路上に一直線にに並ぶ、ふたつのポールを跳び箱の要領で飛ぼうとしていました。

 ポールの高さは少年の腰辺りまであり、かつふたつのポール間の距離も少々長め、このポールを飛ぶためには高さとスピードの両方が必要なことは一目瞭然。少年は長めの助走をとり、勢いそのまま一本目のポールに手をかけ、見事に飛び越え…たかに見えましたが…

0110tamahyun_01.jpg


『おおおぉおぉぉおぉぉぉうぉ』


 と、衝撃的瞬間を目撃した少年の仲間と思われる男性たちの悲痛な叫び声が夜の街にこだまします。異国とはいえ、股間を強打した時の文字にしづらいうめき声は万国共通なのでしょう。この声を聞くと、思わず股間がきゅっと縮こまってしまいます。

 もし成功していれば、『恐れず、ひるまず、とらわれず、あの衝撃がもたらすであろう痛みの恐怖をよくぞ克服して頑張った! 感動した!!』 と賞賛されるハズでした。しかし、チャレンジに失敗した少年は無残にも路上に崩れ落ちます。また打撃によるダメージで、どうやら陰嚢に裂傷を負ってしまい、パンツの中は血だらけになってしまったようです…。

 少年時代のみならず、成人となった男性も簡単に熱くなれるためか、このような危険な遊びをしてしまうこともあります。ですが、子孫繁栄のためにも控えたほうが懸命かもしれません。
(文=ブレンディ佐藤)

※動画は18歳未満の閲覧は禁止です。ご注意ください。

http://www.liveleak.com/view?i=029_1389192639

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?