>  >  > 北米の森の中に現れたおぞましい悪夢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Hydnellum peckii

,

キノコ

,

石井洋平

 生き物の身体を内をめぐる血液。もしその血液が常に流れ出ているとしたら……。そう、たとえば、私たち人間が常に毛穴から血を垂れ流していたら、果たしてまともな生活を送ることはできるだろうか?

 そんな血液を流し続ける謎の物体が露・ニュースサイト「Фактрум.」で紹介されている――。

bloodkinoko.jpg
画像は、血を流す謎の物体「Фактрум.」より

 木々が生い茂る森の中で突如現れたそれは、その体の表面から無数の赤い血のようなしずくを滲ませていた。

 この物体の正体は「Hydnellum peckii」と呼ばれるキノコの一種。特徴的な見た目から、多くのあだ名がつけられており、白い身体に赤い液体に着目した「ストロベリークリーム」といった可愛らしいものから、おぞましい姿を表現した「悪魔の歯」などがあるそうだ。

 多くは北米、ヨーロッパに生息し、近年ではイランや韓国などでも発見されたこのキノコ。今にもうごめきそうなその姿は未知のエイリアンといわれても頷いてしまいそうになる。

mushroom.jpg
画像は「Фактрум.」より

 滲み出る血液のようなものは、水分と地中の鉱物の粒子が体内で混じりあったものに加え、キノコ自身が持つ、“液体の凝固を妨げる物質”が絡み合い、体外に排出する際にこのような色と姿になるのだという。一見すると毒キノコのようだが、毒は持っていないのだとか。ただし鼻を突く強い苦味と、不快な香りから食べられたものではないそうな。

 ちなみにこのような赤い液体を噴出すのは若い個体だけで、ある程度の年月が過ぎた古い個体になると白かった身体は茶色く落ち着いた色合いに変わるのだそう。

800px-Hydnellum_peckii_01.JPG
画像は古いHydnellum peckii。「wikipedia」より

 衝撃的なビジュアルの出血キノコだが、若い頃は奇抜なことをしたがり、年齢を重ねると共に穏やかになっていくと考えると人間にも通じるものがあるような…。
(石井洋平)

参考:「Фактрум.

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。