>  > 手のひらに刺繍を施す、痛~い芸術
痛たたたたたっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:アーティスト, 刺繍
“人体刺繍”芸術が訴えかけるものとは?  英国人アーティストが挑戦する痛いアート

 うわぁ、痛そう! そう感じてしまったあなたは、この表現行為の奥に込められた意図に見事に触れたということでしょう。  このたび自らの手のひらに刺繍を施し、オフィシャル・サイトを通じ世界に向けて作品として発表したのは、1980年生まれの英国人女性アーティスト、イライザ・ベンネットさんです。  見ての通り、今回の彼女の作品は、自らの手のひらをキャンパスとして、そこにカラフルな糸をこれでもかと縫...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...