>  > 手のひらに刺繍を施す、痛~い芸術
痛たたたたたっ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アーティスト

,

刺繍

embroider.jpg
画像は、Eliza Bennettさんオフィシャル・サイトより

 うわぁ、痛そう! そう感じてしまったあなたは、この表現行為の奥に込められた意図に見事に触れたということでしょう。

 このたび自らの手のひらに刺繍を施し、オフィシャル・サイトを通じ世界に向けて作品として発表したのは、1980年生まれの英国人女性アーティスト、イライザ・ベンネットさんです。

 見ての通り、今回の彼女の作品は、自らの手のひらをキャンパスとして、そこにカラフルな糸をこれでもかと縫いつけたものです。どうやら写真におさめた後、しっかりと糸は抜き取るようですが、それにしても手のひらに刺繍を施す際の痛みがこちらにも伝わってくるような作品です。

 では、彼女がこのような作品を制作した意図とは一体何だったのでしょう。それにはこの作品のタイトル「a woman’s work is never done(女性の仕事は決して終わらない)」が深く関係しています。

 ベンネットさんは、女性が伝統的に担わされてきた仕事の象徴として刺繍という方法を選び、さらに、人々の心の奥底にある「女性の仕事は、楽で取るに足らないものだ」という意識に対して挑戦するために、このような手段をとったと語っています。彼女の作品は、刺繍だけでなく、他にも伝統的に女性の仕事として扱われてきた掃除や介護、調理といった過酷で低賃金な労働の実態を思い起こさせる意図が込められているのです。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。