>  > 科学者・教授・予言者たちの「2014年の予言・予測総まとめ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
yogen2014.jpg

――30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象を研究する百瀬直也が、今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。

 今回は、2014年あるいはそれ以降に起きるとされる自然災害など、的中したら世界や日本が「大変なこと」になるという予言や予測を中心に紹介する。

 まずは、大地震や火山噴火を予測し、発表している科学者から。

【識者たちの、2014年の予測】


■村井俊治・東大名誉教授…2014年3月に南海トラフ地震

 過去記事でも紹介した東大名誉教授で測量学の権威・村井俊治(しゅんじ)氏は、電子基準点を利用した独自の地震予測方法により、75%の的中率を誇る地震予測が可能だとしている。2014年は、3月までに南海トラフ地震が発生すると予測。


■アレクセイ・リュブシン・ロシアの理学研究博士・・・2014年春までにM9クラスの地震

 ロシア・シュミット記念地球物理学研究所のアレクセイ・リュブシン氏は、日本の独立法人防災科学技術研究所が公開している低周波微動データを利用し、2014年春までに南海トラフでM9クラスの大地震が発生すると予測している。なお、リュブシン氏は同データにより、3.11も予測していたという。村井氏とリュブシン氏は、異なるデータを用いているにもかかわらず、同時期(今年春まで)に南海トラフ地震が発生すると予測しているのが不気味ではある。


■濱嶌良吉・元前橋工科大教授・・・2015年春までに富士山噴火、首都直下地震

 地殻活動の専門家で元前橋工科大学教授の濱嶌(はまじま)良吉氏は、独自の研究により、2015年春までに箱根山と富士山の噴火、及び首都直下地震が発生すると予測している。


■木村政昭・琉球大名誉教授・・・2016年までに富士山噴火

 3.11や阪神淡路大震災など数多くの地震・火山噴火を予測・的中してきたことで知られる琉球大名誉教授・木村政昭氏については、「西之島新島の記事」などで何度か紹介してきた。その記事でも紹介したが、「伊豆小笠原スーパー巨大地震(M8.5)」が起きる時期を、2012±3年(2015年まで)と予測。また、富士山噴火については、2013±3年(2016年まで)としている。なお、南海トラフ地震については、数十年間は起きないだろうと予測。濱嶌氏と木村氏も、異なる方法論により富士山の噴火を同時期に予測している。

 以降は、予言者の災害等に関する予言を見ていくことにしたい。

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。