>  > ボケ担当の芸人は需要がなくなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ボケ担当の芸人は需要がなくなる!? 出演本数が物語る、お笑い界のシビアな現実とは?

 年末年始の特番では、多くのお笑い芸人たちが活躍した。  株式会社エム・データによると、2013年12月30日~2014年1月5日まで放送された東京キー局全テレビ番組出演数の1位はバナナマンの日村勇紀。2位も同じくバナナマンの設楽統となった。ほかの上位陣を見ても、多くのお笑い芸人が名を連ねている。  そんなランキングを見ていて、1つ気になったことがある。コンビで出演番組数が違うのだ。  ...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...