>  > 星稜高校が本田圭佑超えをできた理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
hondake0114.jpg
画像は、『フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日』(カンゼン)

 先日、ACミランでのデビューを飾った本田圭佑。その本田が高校時代に立つことができなかった全国高校サッカー選手権大会決勝の舞台に進んだ星稜高校サッカー部。決勝では2-3と敗れたものの、大健闘の結果といえるのではないか。というのも、強豪高ではあるが、今年のチームには本田のようにプロ入り後に即戦力となるような逸材はいない。失礼ながら、市立船橋や京都橘、富山第一のように、決勝に進むほどの戦力がいたようにも思えないチームが、なぜ勝ちあがれたのか?

 FOOTBALL WEEKLYをはじめサッカー誌は、「守備力を特筆すべき」とレポートしている。

 星陵高校の河崎護監督は、小松屋知哉率いる京都橘を無失点に抑えた試合後に、「特別コーチとして大阪体育大学の北村公紀コーチに二日前に守備を教わった。その二日漬けのディフェンスが活きた。選手7割、北村コーチ3割ですね」と今大会ナンバーワンストライカーに仕事をさせなかった秘訣を明かしている。

 では、実際にどのような試みがあったのか。指導者ライセンスを持つサッカーライターに話を訊いた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。