>  > 「安楽死用ジェットコースター」という狂気!
狂気的すぎる!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ジェットコースター

,

安楽死

 安楽死の考え方について、世界の人々は議論の渦中にいる。近年では、ベネルクス3国や米国ワシントン州において条件付きとはいえ合法化がなされ、一部の先進諸国ではそれに追従する動きも見られる。そんな中、リトアニア人の芸術家であるJulijonas Urbonas氏が、「安楽死用ジェットコースター」を構想して話題となっている。何の痛みも伴わず、幸福感のうちに乗客を死に至らしめることを保証するという、狂気のジェットコースターの全貌とは一体……?

coaster.jpg
ミニチュア・モデル1「Julijonas Urbonas オフィシャルサイト」より

 Urbonas氏が構想した「安楽死用ジェットコースター」の概要とは次のようなものだ。まず、安楽死希望者を乗せたジェットコースターは、レールの最高到達点を目指してゆっくりと上っていく。そして、最高到達点を越えたところで、時速360kmのスピードで、500mの距離をまっさかさまに滑走する。その後は、徐々に直径が小さくなる7回転連続のループが待ち構えており、それを通り抜けると、しばらくしてからようやく停止する。出発から停止までの走行距離は7,500m、時間にして3分間、さらにそのうちの2分間は、最高到達点を目指して上っている時間とされている。また、この2分間が特に重要で、安楽死希望者たちが、いま目の前にある自らの死という現実を、受け入れるために必要な時間なのだという。

 では乗客は、どの時点で安楽死するというのだろう。Urbonas氏によると、最初の500m急降下の時点ですでに多くの人が死亡し、次に待ち構えている1回転目のループを過ぎるまでには、ほぼ全ての人が死亡するという。どんな人でも2回転目のループを生き延びることはないらしい。なぜならば、この「安楽死用ジェットコースター」では、急降下から停止までの60秒の間に、10Gという重力加速度(遠心力と重力の合力)を全身で受け止めることになるからだ。体感的にこれは、あなたの上に、自身9人分の重みがかかっている状態に等しいのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年8月 4日 11:34 | 返信

実現はしないだろうが、たとえ実現したとしても重病の病に伏している人等が受ける資格を得るのだろうけど、登っている最中に「死にたくない」とその人がなってしまったら航空機事故に等しい恐怖が待ち構えているな。命を投げ出して差し出した瞬間にその人の命は尽きることが確定している。だからこんな高出費な計画を打ち出せるだけの財力かスポンサーがついているのなら、病を治す為の研究に全て懸けるべきだ。一生懸命生き抜いて最後まで諦めずにやり遂げた人こそが「最高の死の瞬間」を味わうんだろう。自然なことだ。どうしても耐え難いっていうのなら安楽死の注射だけでいい。ジェットコースターにする必要性は皆無。この人の趣味趣向を御誂え向きに仕立て上げ人々に説得しようとしているに過ぎないくだらない代物である。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。