>  > お尻の割れ目がない! 衝撃の自撮り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

お尻

,

手術

,

毛巣洞

,

自撮り

 大好きな人もいることでしょう、お尻の割れ目。医学的には「殿裂」と呼ばれ、人間が進化の過程で直立歩行するようになった結果、他の動物とは比べ物にならないほどくっきりとしたものになったという説もあります。しかし、このお尻の割れ目を持たない人も世界には存在するのです!

butt.jpg
割れ目のないお尻「Mirror Online」より

 今月10日、米国のソーシャルニュースサイト「Reddit」に、TBoneTheOriginalというユーザ名の男性が、自身の「割れ目のないお尻」写真を投稿して、一大センセーションを巻き起こしています。たしかにお尻部分に窪みはあるようですが、割れ目は消えてしまっていますね。

 投稿者の男性によると、彼は数年前に「毛巣洞」という病気に感染してしまったそうです。この「毛巣洞」という病気、どうやら肛門より上の部分の圧迫によって、その部位の体毛が毛穴に食い込んだ結果、腫瘍が形成されてしまう病気だといいます。ちなみにこの激痛を伴う病気には、毛深く、長時間座ることの多い人がかかりやすいのだとか。

 今回の男性の「毛巣洞」はかなり深刻だったようで、通常の治療手順とは異なり、その部分を切除し、お尻の割れ目を縫い合わせる、形成外科手術が複数回必要であったそうです。結果として、彼のお尻はこの通り割れ目のないものになってしまいました。

 彼は、「こんなお尻でも、私の妻は特に気にしていません」「お尻の割れ目がなくても、他の人と同様にトイレに行けるので不便はありません」としながらも、やはり若干「拭くときには、傷口だった場所を汚さないように気をつけている」ようです。また、この病気は再発率が高いようで、「いつか再発すると思います。そして歳をとるごとに酷くなっていくのだと思います」と語っています。さらに彼の親も同じ病気で悩んでいたことを明かし、「娘に受け継がれてしまったらどうしよう……」と心配しているようです。

 他のユーザからは、驚きの感想や質問とともに「本当なのか?」「実は前を向いて撮った写真ではないか?」と疑いの声も寄せられている模様ですが、彼は事実だと断言しています。まさに「Butt Lack」な今回の男性の症状。今後「毛巣洞」が再発することのないよう、心よりお祈り申し上げます。
(モンペ・アザブジュバーン)

参照:「reddit

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。