>  > 残酷すぎた品種改良!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

品種改良

,

石井洋平

,

,

鶏肉

 唐揚げ、焼き鳥、フライドチキン…大人から子どもまで多くの人々に愛される鶏肉。リーズナブルなものから高級志向のブランド物など、日頃私達が口にする様々な鶏肉の多くは畜産関係者の日々の努力の賜物といっても過言ではないでしょう。

 そんな鶏肉ですが、一風変わった品種のものが賛美両論を産んでいると英・ニュースサイト「Avax news」で紹介されました。

niwatori.jpg
画像は「Avax news」より

 イスラエルの遺伝学者Avigdor Cahanerの品種改良によって生まれたこの人体模型のような鶏、見たままそのまま羽が一切生えていないのです。

 首に羽が生えていない鶏との品種改良の結果、生み出されたこの鶏。鶏の成育に向かない熱い国での飼育と、加工の際に羽の除去にかかるコストを予めカットするということにコンセプトとした結果、このような姿になったといいます。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。