>  > 『いいとも』後番組の司会でざわつく業界とネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
tamori-210.jpg
画像は『ケトル VOL.16』(太田出版)より

 30年以上続いた老舗番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)が今年の3月で終了する。

「『いいとも』を終了させるというのは、ここ数年のフジテレビのテーマだった。議論されていたのは、いかにいい形で終わらせるか。というのも、『いいとも』の特大号などスペシャル番組を行える可能性を残したいから。タモリさんの機嫌を損ねるような形で終えてしまっては、せっかくの『いいとも』ブランドを使えなくなる。2014年3月終了というのは、タモリさんの年齢的な部分はもちろん、同じく長寿番組の『はなまるマーケット』(TBS)も同時期に終了することもあって、「打ち切り」というより、「時代の流れ」感を出せる。あとは、『いいとも』終了を納得させられる後番組というテーマもありました」(業界関係者)

 その後の番組についてだが、今月に入るまで、まったく情報が出てこなかった。それはタレントたちの間でも同様だったようで、松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ)にて、「話変わるけど、『いいとも』のあと、どうなるんだろうね。もうそろそろ決まっているよね。なんとなく聞いたけど、誰も口割らない」と、緘口令が敷かれていると明かす。

 後番組の司会が決まっているタレントには、「もう1月末やから、決まっていたら内々でOKを貰っているはず」(東野幸治)で、番組の詳細などが説明されているだろう。松本も、自身へのオファーを聞かれると、「ないない。浜田(雅功)っていう噂もあったでしょ。多分、ここに来て(俺が知らないということは浜田の司会)はないと思う」と推測する。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。