>  > 宇宙空間で育った野菜は食べても安全!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

国際宇宙ステーション

,

宇宙

 宇宙を人類の新たな生活圏とする試みが、また一歩前進したということだろうか。ロシアの通信社、RIAノーボスチが1月29日に報じたところによると、国際宇宙ステーション(ISS)内部で栽培されていた様々な作物が、異常なく育ち、食用としても安全であることが確認されたという。

 「宇宙空間で栽培された作物と、地上で栽培された作物の間に差異は認められなかった」と語るのは、ロシア科学アカデミー生物医学研究所の、マルガリータ・レヴィンスキ研究員だ。彼女は先日、モスクワで開催された年次宇宙会議において報告を行った。レヴィンスキ研究員によると、ISSに滞在するロシアの宇宙飛行士たちは、エンドウ豆、日本原産のコマツナ、多種にわたる矮性コムギなどを栽培したが、ただ良く育つというだけではなく「驚くほどに良質な種子もつけた」のだという。

ISS.jpg
収穫されたエンドウ豆とともに「RIAノーボスチ」より

 来年は、米国ユタ州立大学航空宇宙工学研究所とも協力し、ISS内の温室に若干の改造を加えたのち、今まで宇宙空間で栽培されたことのなかった、イネやトマト、ピーマンなども育てる計画となっているそうだ。ちなみに、ISS内に作られている温室は、LADAという名称で、宇宙ステーション本体から分離することが可能となっている。何世代かにわたり作物を栽培した後、LADAのみを地球へと送り返し、内部で有害な微生物が発生していないか調査される計画があるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。