>  > サクラメントの吸血鬼リチャード・チェイスはなぜ血を求めたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【最狂の吸血殺人鬼】彫刻刀で切り刻み、血をすする!!   毒親育ちのリチャード・チェイス、悲しくも気味が悪すぎる人生とは?

 1977年末から1978年1月末にかけて、緑が多く美しいカリフォルニア州サクラメントで、6人が次々と殺される事件が発生した。うち5人は至近距離で銃撃されたため即死しており、そのうち3人は死後、腹を切り裂かれ、内臓を引っ張り出されたり、血を飲まれるなど、想像を絶するような被害にあっていた。  この殺人鬼・リチャード・チェイスは、被害者の血を飲んでいたことから「サクラメントの吸血鬼」と呼ばれる...

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?