>  > 熱すぎる男・松岡修造が「気象兵器」になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ブレンディ佐藤

,

五輪

,

松岡修造

0219matuoka_01.jpg

 スポーツ中継に度々登場し、暑苦しい実況をすることで一部に大人気の松岡修造さん。彼は『Sports Max』(日本テレビ系)や『報道ステーション』(テレビ朝日系)キャスターを歴任。またフィギュアスケートや全英オープンゴルフなど、種目を問わずにスポーツ番組や中継に出演している。

 もちろん、世界的大会オリンピックにも欠かせない存在となっており、長野、シドニー、アテネ、トリノ、北京、バンクーバーなどで現地レポーターやメインキャスターを務めた。さらに北京ではJOC公認の日本選手応援団長にも任命、一昨年開催されたロンドンでも日本代表選手団応援プロジェクトの団長に任命などなど、輝かしすぎる経歴を持っている。

 五輪のレポーター=松岡、という図式を持つ人もいるのではないかというほど、五輪関連番組に出演し、現地の熱気をさらに暑苦しいほどのテンションでお茶の間のみなさまにお届けしている松岡さん。そんな彼はもちろん現在行われているソチ五輪にも出発していた。だが、そんな彼が原因で気象状況に異常が発生しているのではないかというウワサがネット上を駆け巡っている。


■松岡修造の熱気が気象に変化をもたらす!?

 松岡さんがソチ入り後、自身のブログでもタイトルに「暖かいソチ…」と書いた投稿を行い、13日にも「日本はとっても寒いそうですが、ソチは暖かいです…」と綴り、ロングTシャツとジーンズという軽装を披露している。また、五輪公園では日中20度近くまで気温が上がり、半袖やノースリーブの観客や関係者の姿もちらほら見かけるのだとか。加えて13日のノルディックスキー距離女子10キロクラシカルでは、選手まで軽装だったと報じられ、14日のアルペンスキー複合、16日の同スーパー大回転では、雪のコンディションの維持のためとして、スタート時間の前倒しも行われる事態も発生した。

 だが一方、松岡さんが離れた日本では異例の雪模様。8日、東京23区では13年ぶりに大雪警報が発令され、都心では同日正午の気温が氷点下0度4分、午後5時の時点での積雪は13cmで、16年ぶりに積雪が10cmを超えた。また千葉市は17cm、甲府は39cmを記録し、2001年1月27~28日に並ぶ荒れた模様。気象庁は「不要な外出は控えるように」と呼びかけを行うなどてんてこ舞いになり、電車の遅延は当たり前、路上は凍結し、小売店でもパンやおにぎりなどが品薄になるなど大影響を与えた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。