>  > アフリカ、「スカリフィケーション」の実態!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 人類誕生の地、アフリカ。多くの民族や部族が共存するこの大陸には、自然と歴史に根付いた数々の特徴的な文化や風習が現在も残されている。その中には世界中のメディアで大きく取り上げられ、文化相対主義と普遍的人権主義との間で大きな議論を呼び起こすものもあるが、代表例としてよく知られているのは「女子割礼(女性器切除)」の儀式だ。

 しかし「女子割礼」以外にも、苦痛を伴う身体改造の風習は世界に存在しているのが現実だ。今回は、フランス人写真家エリック・ラフォルグ氏の作品を通して、アフリカの部族間における「スカリフィケーション」の風習を紹介しよう。


Africa.jpg
スカリフィケーション 1「Eric Lafforgue オフィシャル・サイト」より

 「スカリフィケーション」とは、刃物を用いて皮膚を傷つけることによって人体に模様をつける行為だ。エチオピアのボディ族やスルマ族、南スーダンのヌエル族、ウガンダのカラモジョン族などの間では、「スカリフィケーション」で作られた傷が治癒する過程において、盛り上がりを生じる現象(ケロイド)を利用して、人体に様々な模様を描く風習が存在している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。