>  > 【内閣府職員ゴムボート変死事件】北朝鮮のスパイだった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

スパイ

,

内閣府

,

北朝鮮

,

変死事件

,

聖橋乱丸

re-inbou220.jpg

 こんにちは。陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸である。

 先月20日、日本の内閣府役人(T氏とする)がゴムボートで遺体になって九州にたどり着くというニュースがあった。しかし、そのニュースが入った直後にソチ五輪が開催。ほとんど続報が流れることなく、いつの間にか消えてしまった。

しかし、よく考えてみれば、日本において国家公務員が変死し、なおかつ海外に出張中で、なぜか遺体になって浜に流れ着くという異常事態。さらに、日本政府は出張先であった韓国政府に捜査協力の依頼も出していないという状態である。


■不可解なT氏の行動

さて、この事件を調査していると、T氏について次々と不自然な話が出てくる。

・内閣府のような国内向けの役所にもかかわらず、T氏は留学をし、さらに海外の出張や、セミナー参加をこなしていた
・彼の交友関係や彼のプライベートを詳しく知る公務員の友人が少ない
・海外出張が多く、エリートのような感覚を受けるのに、重要な職には一切就任していない

…何とも不思議な存在なのだ。

では一体なぜT氏はこのような不思議な存在だったのか? この事件に詳しい関係者の間で囁かれているのは「スパイであった、それも、日本のスパイではなく、北朝鮮のスパイであった」ということだ。

日本の官憲は、T氏が北朝鮮のスパイ、それも「土台人(後に説明)」であることを知ったうえで、海外出張に行かせていたのである。そして、韓国の情報部と連携し、T氏の処分やその現場を押さえようとしていたのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。